*

私が手術を受けた開頭血腫除去術について…

公開日: : 脳内出血体験談

さかのぼる事、1997年3月13日、脳内出血で倒れた私は大阪の日本橋病院に入院→手術を受けました。

今日はその手術について触れようと思います。

私が受けた手術は「開頭血腫除去術(かいとうけっしゅじょきょじゅつ)」というもの。

その名の通り、「頭を開いて血の固まり(血腫)を取り除く」手術。

実は今まで開頭血腫除去術について、あまり触れたこともありませんでした。

その理由はどんな手術をしたのかよくわからなかったことと、麻酔を受けた記憶がなかったから(曖昧)。

かすかな記憶をたどると、手術中、寝言のようにこう叫んでいたみたいです。

「痛いやんけ~~痛いやんけ~~!」

とにかく痛かったことが鮮明に記憶に残って、手術のことは頭になかったみたいなんです。

じゃぁ、何故今頃になってブログで話すのかというと、入院当時日記を付けていて、その文章の中に「開頭血腫除去術を受けた」と書いてあったからです。

私の場合(脳内出血)、血種を取り除かなければ生命に関わる状態だったそうです。

つまり「開頭血腫除去術=救命手術」ということになります。

実際に今でも左の頭部部分は開頭した部分が、へこんでいるのがわかります。

※へこんだ部分は約3cmぐらい。)

また一般的に開頭血腫除去術は全身麻酔をするみたいなんだけど、私の場合、局所麻酔だったような気がします。

まず動かさないように頭を固定する器具を付け、手術がしやすくなる部分で位置を固定します。

そして出血した部分を中心に、頭の皮膚をメスで開頭します。

※多分、この時「痛い痛い」と叫んでいたと思います。

ここからは想像の域になります。

(多分)皮膚をめくったら頭蓋骨が出てきて、その頭蓋骨にドリルで穴を開けた…んだと思います。

さらにその頭蓋骨を開け硬膜を切ると、綺麗な脳の表面が表れます。

※硬膜=頭蓋骨を囲っている薄い膜のことで、脳自体から外傷を防ぐための膜でもあります。

それが済んだら顕微鏡の登場になります。

顕微鏡によって血種ができた部分を再度確認した後、血種を取り除きます。

私の場合、そんなに大きな血種ではなかったし脳の浅い箇所だったから局所麻酔になったんだと思います。

開頭血腫除去術が終わると、頭蓋骨を固定して元の状態に戻します。

※多分、極端に脳が腫れていなかったから、そのまま元に戻したんだと思います。

私の血種ができた部位は、ラッキーにも言語麻痺を回避することができた場所でした。

あと1~2mmでもずれていたら、一生言葉を話すことができなくなっていたと思います。

最後にあとから感じたこと、それは医師に感謝しかなかったことです。

事実、術者の技量がなかったら…。

ということで今回は、私が受けた開頭血腫除去術について触れてみました。

関連記事

no image

身体と心のリハビリが脳について必要になってきます

脳内出血は外見上、障害が残ったという感じはありませんでした。目と右足に障害が残りました。それに身体の

記事を読む

no image

友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、なんか急に頭が痛くなった」と…

記事を読む

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

脳血管障害と認知症について(アルツハイマー型認知症)

脳血管障害は、脳の血管が詰まり出血が発症する病気をいいます。 そして脳血管障害を発症すると、脳

記事を読む

no image

脳血管障害は完治したとしても後遺症が出る恐れあり

脳内出血や脳卒中、脳梗塞など脳の病気は完治する場合とそうでない場合があります。私の場合は1度完治した

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

心原性脳梗塞について

脳血管障害(脳梗塞や脳内出血)は、脳の血管に障害が起こった時だけに発症する病気だと思っていませんか?

記事を読む

no image

健康な人にも起こり得る脳腫瘍

先日、日曜日の朝の番組に「関ジャニ∞安田章大」がゲスト出演していました。 ビックリしたのですが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
母親の介護保険被保険者証について

母親は3年前から介護保険サービスを利用していて、その時に「要支援・要介

no image
脳内出血後の余命について

私が脳内出血を発症して、はや25年が経とうとしています。 その中

no image
友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。第二作目

先生様、アフィリエイター様…そしてまったくパソコン初心者の私のために、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。

現在、私の月収は150万円を超えています。 そして、ふと自分の人生を

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑