*

脳の病気~髄膜炎菌感染症~

公開日: : 脳内出血体験談

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。

そしてすぐに治る頭痛は良いのですが、時として頭痛の中には脳に関する重大な病気を潜んでいることがあります。

それが脳血管障害です。

「脳腫瘍・脳内出血・脳梗塞・くも膜下出血」等々いろいろありますが、今回は髄膜炎菌感染症について触れてみたいと思います。

髄膜炎菌感染症の大きな特徴として、「症状に気づきにくい・進行が早く死亡率が高い・後遺症が残る確率が高い」ことが挙げられます。

まず症状に気付きにくいとは普通の風邪のような症状に似ていて、自分自身で判断しにくいことです。

最初に頭がだるい等々の症状が現れ、軽度の発熱や吐き気に襲われます。

「おかしい?」と感じ病院に行ったとしても風邪と判断され、まず髄膜炎菌感染症と気づくことは少ないと思います。

次に髄膜炎菌感染症の第2の特徴として、進行が早いことです。

なんと1~2日で生命に関わる状態に陥ってしまうのです。

事実、髄膜炎菌感染症に気付かないまま放置してしまうと、その時点で5~10%の患者が死に至ります。

ではここで、髄膜炎菌感染症が悪化する原因を探ってみます。

髄膜炎菌を放置してしまうと血液の髄液の流れに乗ってしまい、あっという間に症状が悪化していきます。

さらに髄膜炎菌は他の細菌と比べて100~1000倍の毒素を出すため、症状の進行が異常に早いのです。

だから「風邪かな?」と思っていたら、1~2日以内に意識がなくなりショック状態に陥り、そのまま死んでしまうこともあるのです。

ちなみに日本の髄膜炎菌感染症では、発症後に死亡する割合は19%といわれています。

最後に髄膜炎菌感染症の第3の特徴として後遺症があります。

仮に髄膜炎菌感染症を発症して命を取り留めたとしても、、、早く気づいて適切な治療を受けたとしても、そして回復したとしても、11~19%の割合で後遺症が残ってしまうのです。

・壊疽になり手足を切断してしまう。

・耳が聞こえなくなってしまう。

・言語障害や知能障害などの後遺症が残ってしまう。

このように髄膜炎菌感染症は非常に怖い病気だといえます。

頭痛自体、直接脳が痛くなることはありません。

そして髄膜炎菌感染症も脳にダメージを与えるわけではありません。

ただ髄膜炎菌が1~2日で身体中を走り回ってしまうのです。

感染症なのでそうそう発症する病気ではありませんが、だからこそ気を付けるべきだと思うのです。

是非みなさんも「頭痛の中に髄膜炎菌感染症がある」ことを覚えておいてください。

関連記事

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に86歳で他界)。 そんな

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。 脳梗塞(脳血管障害)を

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか機能がわかっていないともいわれ

記事を読む

no image

身体と心のリハビリが脳について必要になってきます

脳内出血は外見上、障害が残ったという感じはありませんでした。目と右足に障害が残りました。それに身体の

記事を読む

no image

脳内出血とうつ病と自殺について

私自身、脳内出血になって手足が動かないことを知った瞬間、ある想いだけがずっと脳裏をよぎっていました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。

no image
MRI検査をする理由について

初めて私がMRI検査を受けたのは、脳内出血で倒れた時だと思います。

no image
脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか

no image
脳に関する不思議な雑学

身体の中でもっとも重要なパーツといえば「脳」だと思います。 その

no image
健康な人にも起こり得る脳腫瘍

先日、日曜日の朝の番組に「関ジャニ∞安田章大」がゲスト出演していました

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑