*

脳血管障害と緑茶&コーヒーについて

公開日: : 最終更新日:2019/07/25 脳内出血体験談

脳内出血を発症した私は、普段からブラックコーヒーを1日3~4杯飲むようにしています。

そして今では、コーヒーを飲まなければ1日が始まりません。

また最近、私は2~3杯の緑茶も飲むようになりました。

コーヒーは脳血管障害の予防になると知っていましたが、実は緑茶も脳血管障害の予防効果があると知ったからです。

ちなみに緑茶の杯数によって、次のような症状が報告されています。

〇男性で1日3~5杯緑茶を飲んでる人

脳血管疾患の死亡リスク→29%低下/呼吸器疾患の死亡リスク→28%低下

〇女性で1日3~5杯緑茶を飲んでる人

脳血管疾患の死亡リスク→26%低下

ではどうして、緑茶を摂取するとこうした死亡リスクが軽減するのでしょうか。

実は、これには明確な理由があるのです。

1.緑茶に含まれるカテキンに、血圧・体脂肪・血糖値を改善する効果があるため。

2.緑茶に含まれるカフェインが、血管内皮の修復を促し血管を健康に保つため。

3.カフェインに気管支拡張作用があり、呼吸器機能の改善効果があるため。

上記に明記した内容が明らかになったため、緑茶が脳血管障害に効果があると広まったのです。

ちなみに、コーヒーも脳血管障害の死亡率リスクを軽減することで知られています。

これは、「JPHC研究」による追跡調査から明らかになったモノです。

コーヒーをほとんど飲まないグループを基準として比較した場合…。

1.コーヒーを1日1~2杯飲むグループ→約15%死亡リスク減。

2.コーヒーを1日3~4杯飲むグループ→約25%減。

上記に明記したことからもわかるように、コーヒーを飲むことによって死亡リスクの数値を改善することができるのです。

ただし緑茶でもコーヒーでも注意しなければいけないことがあります。

それはカフェインを摂取しすぎないことです(200mg以下)。

何故なら摂取し過ぎると、カフェイン中毒を発症する危険性があるからです。

「動機・めまい・吐き気・胃痛・頭痛・不眠症」

そして酷い時は、動けないくらいの中毒症状が現れます。

カフェイン成分を摂取すると無理やり身体を元気にしますが、効果が切れると一気に元気がなくなってしまうからです。

またカフェイン中毒の症状には、精神的疾患を含むこともあります。

「イライラする・気持ちが不安定になる・集中力がなくなる」等々。

さらにカフェイン中毒が重篤になると、カフェイン摂取過多によって救急搬送や死亡するケースも…。

事実、過去5年間で「3人が死亡/101人が救急搬送」と報告されています。

関連記事

no image

母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専属のケアマネージャーも付き「要

記事を読む

no image

脳内出血と手術について

おぼろげですが脳内出血で倒れた後、病院に搬送され集中治療室(ICU)に運ばれました。 その時、

記事を読む

no image

長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組が放映されていました。

記事を読む

no image

脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そして約20年間、右片麻痺の後遺

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。 2020年1月に認知症を

記事を読む

no image

新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に86歳で他界)。 そんな

記事を読む

no image

脳血管障害と認知症について(アルツハイマー型認知症)

脳血管障害は、脳の血管が詰まり出血が発症する病気をいいます。 そして脳血管障害を発症すると、脳

記事を読む

no image

脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。 この働き方改革法案の意味す

記事を読む

no image

何とかぎりぎりの崖っぷちを歩く感覚で一家四人で生活していました

病気の事もあり、自分の身体を優先し生活することにしました。と言うのは誰かに文句を言われていると思いこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

no image
母が脳梗塞を発症しました

2020年1月31日、母が変なことを言い出しました。 朝7:30

no image
脳内出血とうつ病と自殺について

私自身、脳内出血になって手足が動かないことを知った瞬間、ある想いだけが

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑