*

友だちがくも膜下出血を発症!!!

公開日: : 脳内出血体験談

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、なんか急に頭が痛くなった」と…。

単純にお酒の飲み過ぎかな?と思っていたんですが、どうも様子がおかしい。

直感で私は「動くな、ジッとしとき!今、救急車を呼ぶから」。

それから最寄りの市民病院に搬送してもらい、頭部の?RI検査を受けることになりました。

※?RI検査=磁気と電波を用いて、細胞組織の動きを把握するための画像撮影検査のこと。

結果はくも膜下出血を発症していました。

くも膜下出血の典型的な症状は「当然の激しい頭痛と吐き気」です、

出血量が多ければ意識が無くなり、最悪の場合、瀕死の状態になることもあります。

そんなくも膜下出血は前兆を見逃さないことに尽きます。

ちなみにくも膜下出血の前兆には、「軽い頭痛/動眼神経麻痺」があります。

※友だちの場合、すぐに救急車を呼んだことが良かったと思います。

〇軽い頭痛

この時の症状は、少量の出血が起こった状態だと考えられます(これを警告出血といいます)。

軽症の状態であれば(適切な処置をすれば)後遺症が残る危険性も少なく、無事に社会復帰することも可能です。

しかし(実際のところ)「軽い頭痛=くも膜下出血」じゃないか?と疑うことも少なく、単に風邪の処方をされてしまうことも…。

〇動眼神経麻痺(どうがんしんけいまひ)

動眼神経麻痺(眼球を動かす神経)になると、「まぶたが下がる/物体が二重に見える」といった症状を発症します。

くも膜下出血が非常に怖い病気の理由は3つあります。

〇初回出血による脳への障害が大きいこと。

初回出血によって脳自体にかかる圧迫や脳内への出血があることによって、脳を浮かべる水(脳脊髄液)の循環障害が起こる危険性が出てきます。

また(それによって)呼吸や心臓へ悪影響を起こすことも考えられます。

〇脳動脈瘤が再び破裂する。

「再び破裂する=再出血」のことで、初回の出血痕にかさぶたができた状態だったものが、(そこから)再び出血する危険性があります。

※再出血した場合、初回出血より程度が強くなります(24時間以内に発症しやすい)。

〇脳血管が縮む(脳血管攣縮)。

くも膜下出血を発症するとくも膜の下に広がった血液が数日で毒素に変わり、脳の血管を広範囲に縮めてしまう危険性があります(脳梗塞の発症)。

最後に友だちの現状を報告します。

始めは軽い麻痺症状が残っていましたが、現在は米子市の皆生温泉病院に入院して毎日のリハビリ訓練に頑張っています。

多分2月一杯リハビリを続けると思いますが、その頃には回復して問題なく社会復帰ができると思います。

※LINE電話で現状を教えてもらいました。

関連記事

no image

脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そしてすぐに治る頭痛は良いのですが、

記事を読む

no image

脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。 しかし時間や経済的に余裕がな

記事を読む

no image

脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけない」という動作がありました。

記事を読む

no image

母が2回目の肺炎になってしまった。

実は現在、母親が肺炎で入院しています。 1度目は去年の暮れ…施設の担当者から「微熱が続く・身体

記事を読む

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

no image

脳梗塞と勘違いされる「白質病変」

去年の暮、私は小脳梗塞で約2カ月間入院しました。 しかし私の場合、小脳梗塞が本当に小さかったこ

記事を読む

no image

日常生活やリハビリ運動を阻害する「クローヌス」

脳内出血で倒れて、しばらくしてから本格的にリハビリ専門病院でリハビリテーションをしました。 そ

記事を読む

no image

年金の裁定は本当に有難いので年金を納付することは大切です

私の場合は病気で働けなくなって収入がなくなり、どうしようかと考えていた時に障害年金を知りました。これ

記事を読む

no image

MRIとCTの違い(重要性について)

今年の3月、小学校からの幼馴染が会社の健康診断を受けたんだけど…後日、思わぬことが…。 それは

記事を読む

no image

脳血管障害とストレスの関連性について

ストレスが蓄積することによって、心身の健康が蝕まれるのは周知の事実です。 ではどのようにして、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
漢方薬の睡眠剤と睡眠を促進する薬について

施設に入所している母は、今年で90歳になります。 気付いたら施設

no image
MRIとCTの違い(重要性について)

今年の3月、小学校からの幼馴染が会社の健康診断を受けたんだけど…後日、

no image
母親の介護保険被保険者証について

母親は3年前から介護保険サービスを利用していて、その時に「要支援・要介

no image
脳内出血後の余命について

私が脳内出血を発症して、はや25年が経とうとしています。 その中

no image
友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう
PAGE TOP ↑