*

認知症が中~後期になると、どんな症状を引き起こすの?

公開日: : 脳内出血体験談

認知症が中期症状になったら、いったいどのような状態を引き起こすのでしょうか?(それに対する対処法)

〇同じことを繰り返し尋ねるようになる。

この場合、本人に尋ねた答えをメモに書いてもらい、それを一緒に理解するようにしなければいけない。

〇家族の名前を忘れてしまう。

家族の名前を忘れてしまったら、家族写真や家族構成を伝え、名前を名乗るようにする(思い出してもらう)。

〇話がかみ合わなくなる。

かみ合わなくなった場合、「はい/いいえ」で答えられるクローズドクエスチョンを心がけるようにする。

(※ちなみに無理してかみ合わせようとする必要はありません。)

〇嘘をつく。

嘘をつくかもしれませんが、それを否定しないで受け入れてください。

(※とにかくしっかり話を聞くことに集中してください。)

〇電車やバスなどの交通機関の利用方法がわからなくなる。

できることならわかりやすい経路で、一緒に出掛けるように心掛けてください

〇病院やデイサービスを避けるようになる。

例えば「どうして行きたくないの?」と優しく聞いてあげて、できるだけ行きたくない理由を理解するにする。

〇介護ケアに対する拒絶感が強くなる。

拒否する理由を聞くだけでなく、介護ケアが何をしようとしているのか丁寧に教えてあげる。

〇感情の昂りが激しくなる。

身体の痛みなどが原因であるかもしれないので、一度その興奮を冷ましてから話の内容をゆっくり聞いてあげる。

〇汚れた衣服や肌着を隠してしまう。

本人がデイサービスなどを利用しているなら、本人が気づかないようにソッと洗って直しておく。

〇トイレが間に合わなくなる。

本人が無意識に尿意を我慢している可能性もあるため、いつも違った行動を取っていないかを観察する。

次に後期症状になった場合の対処法を明記したいと思います。

〇目の前にいる人の顔がわからなくなる。

その場合、初めて会ったかのように優しく接するようにする。

〇会話が成立しないようになる。

無理をして会話を成立させようとしないで、できれば会話時の感情を大切にしてあげる。

〇失禁が当たり前になる。

あらかじめ失禁を予想する(例えばベッドの周囲を防水シートを敷く)。

〇寝たきりになる。

寝たきりになると一箇所に体重が掛かってしまい血行不良になってしまうので(床ずれ)、背抜きを行うようにする。

〇ぼんやりする時間が増え反応がなくなる。

できるだけ大きな動きをして、スキンシップなどのアピールを心掛ける。

〇呑み込みが困難になり、食事ができなくなる。

例えば食べ物の固さを調節する(具材を細かく切って食べやすくする)。

〇生活のすべてにおいて、介護が必要になる。

介護者に掛かる負担を最小限にする為、デイサービスやショートステイなどの介護サービスを利用する。

 

関連記事

no image

若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳をイキイキとさせる方法があるの

記事を読む

no image

脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけない」という動作がありました。

記事を読む

no image

新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に86歳で他界)。 そんな

記事を読む

no image

脳血管障害や心筋梗塞に必要な水分補給

夏になると脳血管障害や心筋梗塞が発症しやすくなると言われています。 その原因の1つに「体内の水

記事を読む

no image

脳血管障害とストレスの関連性について

ストレスが蓄積することによって、心身の健康が蝕まれるのは周知の事実です。 ではどのようにして、

記事を読む

no image

冬場の脳血管障害~ヒートショック~

今年の冬は暖冬と予想されていますが、それでも確実に寒い冬はやってきます。 そして冬場になると、

記事を読む

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

no image

脳内出血とうつ病と自殺について

私自身、脳内出血になって手足が動かないことを知った瞬間、ある想いだけがずっと脳裏をよぎっていました。

記事を読む

no image

脳内出血を発症して23年の月日が経とうとしています…

私は37歳の時に脳内出血を発症し、気付いたら23年も経っていました(今年60歳の還暦を迎えました)。

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか機能がわかっていないともいわれ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


no image
昨年、発症がわかった脳動脈瘤について

2021年の暮れ、母親の認知症(夜の徘徊)とそれにまつわるストレスが重

no image
コロナ感染症が脳を犯している?!?(アルツハイマー病)

母親が入所している施設は今、大変な状況になっています。 もちろん

no image
脳内出血を発症して23年の月日が経とうとしています…

私は37歳の時に脳内出血を発症し、気付いたら23年も経っていました(今

no image
高齢者の誤嚥性肺炎について

先日(朝の10時頃)、入居している施設から電話がありました。 「

no image
私が手術を受けた開頭血腫除去術について…

さかのぼる事、1997年3月13日、脳内出血で倒れた私は大阪の日本橋病

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑