*

長時間の昼寝は危険な兆候

公開日: : 脳内出血体験談

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組が放映されていました。

この番組に出演した「RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長:白濱龍太郎氏」が、睡眠にまつわる新事実を紹介していたのです。

その新事実とは、「脳梗塞のリスクが高まる!?間違った寝方」です。

白濱龍太郎氏は、次のように触れていました。

それは「高齢者に限ってですが、1時間以上の昼寝をすると、そうでない人に比べて脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなる」といっているのです。

例えば20~30分といった短時間の昼寝であれば、脳の活動にリフレッシュをもたらし、逆に効率を上げることが実証されています。

しかし高齢者の場合、1時間以上の深い眠りに入ってしまうと、起床時血管に対して負担をかけることになると…。

みなさんもご存知だと思いますが、起床時の血管の状態は血圧が上昇し、それによって脳梗塞や心筋梗塞を併発する危険性があります。

仮に1時間以上昼寝をした場合(熟睡)、白濱龍太郎氏は起床時血管のリスクが(単純に)2倍になるというのです。

つまり朝の起床時に血管に負担がかかり、昼間の1時間以上の昼寝にも血管の負担がかかる…。

※1日2回も、負担をかけることになります。

そこで白濱龍太郎氏は、こう提言しているのです。

「昼寝前にホットコーヒーを飲むと目覚めが良くなる。」

※カフェインが早めに目覚まさせてくれる。

ではここからは私の母親について、少し触れさせていただきます。

母は今年84歳で、来年85歳になります。

そして数年前まではほとんど昼寝をすることもなく、元気に動き回っていました。

しかし最近は、すぐ昼寝をしてしまうのです(外出している時は別です)。

しかも20~30分ではなく、1時間を優に超えて…です。

確かに夜なかなか寝付けないと悩んでいますが、私は「昼寝のし過ぎ!」と言い続けていました。

だからこの番組をみてから、昼食(パン)時に一緒にホットコーヒーを飲ませています。

母は血圧も低く脳構想を発症する体質ではありませんが、この番組を見て「万が一」もあり得ると思いました。

年齢を重ねるにつれて、どうしても弱気になる母。

子どもとしては、そんな弱気の母を見たくはありません。

だから喧嘩をしてまでも、ハッパをかけています(普段は仲良しです)。

とにかく母には長生きをしてほしいと、心から願っています。

私が脳内出血で迷惑(心労)をかけてしまったので…。

関連記事

no image

母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専属のケアマネージャーも付き「要

記事を読む

no image

脳血管障害や心筋梗塞に必要な水分補給

夏になると脳血管障害や心筋梗塞が発症しやすくなると言われています。 その原因の1つに「体内の水

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

脳内出血とうつ病と自殺について

私自身、脳内出血になって手足が動かないことを知った瞬間、ある想いだけがずっと脳裏をよぎっていました。

記事を読む

no image

妊娠中の脳血管障害

人間にとって一番神秘的な行動は妊娠&出産です。 そして妊娠は女性しか経験することができません。

記事を読む

no image

脳血管障害と認知症について(アルツハイマー型認知症)

脳血管障害は、脳の血管が詰まり出血が発症する病気をいいます。 そして脳血管障害を発症すると、脳

記事を読む

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

no image

血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。 2020年1月に認知症を

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳の健康チェック~脳ドック~

最近、健康関連の番組が人気があるようですね。 私もたまに見るんで

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑