*

脳を鍛えるトレーニングについて

公開日: : 脳内出血体験談

私人間は否応なしに、加齢とともに記憶力(脳の能力)が低下していく生き物です。

実際、私も「あれって何だったんだろう?」「誰だったかなぁ、この人」といったことが増えているような気がします。

この脳の機能低下は「前頭前野の機能低下」によるもので、逆をいえば前頭葉を絶えず鍛えれば脳の機能低下を抑えることができるのです。

これを総称して「脳トレーニング(脳トレ)効果」と呼んでいます。

ではどのような脳トレをすれば、脳の機能改善に繋がるのでしょうか。

最新の研究によると、「音読(本を読む)/簡単な計算をする」ことが脳トレに効果があることがわかっています。

例えば「音読(本を読む)/簡単な計算をする」をしている時、脳の状態を測定したとします。

※ちなみに赤色の脳は機能していない状態/黄色の脳は機能している状態。

これで分かったことは、音読&計算をしている時の脳の状態は黄色に…つまり活発に動いていることを意味しています。

このように脳トレをする場合、声を出して本を読んだり簡単な計算を(より早く)解くことで、より脳が活性化しているのです。

またこうした脳トレは認知症患者にも効果を発揮します。

「週に3~4回学習をする人とまったく学習をしない人」を比較した場合、学習をした認知症患者は圧倒的に前頭葉機能に改善が見られます。

そして脳トレは「音読&計算」以外の方法でも効果を発揮します。

それがちょっとした運動です。

この運動は、電車通勤をしているサラリーマンにはうってつけかもしれません。

まず電車の中で立った状態で、目を開けたまま両手で吊革を掴みます。

その時、両脚は肩幅より少し広めに開いてください。

それから片方の足を1~2cm床から浮かせます。

この姿勢を10秒間キープしてください。

これができるようになったら、目を閉じた状態で10秒間キープします。

それから徐々に(15秒、20秒、30秒…)と時間を伸ばしていきます。

※片方の足ができたら、次はもう一方の足もしてください。

この「目を閉じた状態で片足で立つ」行為は、集中力と脳の覚醒効果を高めることができます(&バランス感覚も)。

脳トレは毎日積極的に脳を活動させることによって、初めて脳の機能低下を防ぐことができます。

みなさんも、「物忘れが多くなった/言いたい言葉がなかなか出てこない」ということがありませんか?

そうだったら、是非脳トレをしてみてください。

年齢に関係なく脳を鍛えれば、脳の機能改善に繋がります。

関連記事

no image

脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そして約20年間、右片麻痺の後遺

記事を読む

no image

脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。 脳梗塞(脳血管障害)を

記事を読む

no image

脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。 しかし時間や経済的に余裕がな

記事を読む

no image

脳の健康チェック~脳ドック~

最近、健康関連の番組が人気があるようですね。 私もたまに見るんですが、そこで気になっているのが

記事を読む

no image

何とかぎりぎりの崖っぷちを歩く感覚で一家四人で生活していました

病気の事もあり、自分の身体を優先し生活することにしました。と言うのは誰かに文句を言われていると思いこ

記事を読む

no image

脳梗塞と勘違いされる「白質病変」

去年の暮、私は小脳梗塞で約2カ月間入院しました。 しかし私の場合、小脳梗塞が本当に小さかったこ

記事を読む

no image

妊娠中の脳血管障害

人間にとって一番神秘的な行動は妊娠&出産です。 そして妊娠は女性しか経験することができません。

記事を読む

no image

2ヵ月の入院の後の母親の変化

私が小脳梗塞で約2カ月間の入院を余儀なくされました。 その間、母親はどうしていたのかというと、

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか機能がわかっていないともいわれ

記事を読む

no image

生命保険会社について

私は新卒で就職した時に、会社に来る日本生命の外交員のおばあさんに強く勧められて、死亡保険2000万円

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


no image
脳血管障害とストレスの関連性について

ストレスが蓄積することによって、心身の健康が蝕まれるのは周知の事実です

no image
退院後、3ヵ月目のMRIの結果

4月25日、済生会病院で脳動脈瘤のMRIの検査結果がわかりました。

no image
脳梗塞と勘違いされる「白質病変」

去年の暮、私は小脳梗塞で約2カ月間入院しました。 しかし私の場合

no image
母がグループホームに入所しました。

ケアマネージャーや家族や親族の助言によって、母をグループホームに入所さ

no image
2ヵ月の入院の後の母親の変化

私が小脳梗塞で約2カ月間の入院を余儀なくされました。 その間、母

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑