*

脳が喜ぶ生活習慣について

公開日: : 未分類

いくつになっても頭が元気な方もいれば、50~60歳代で認知症を発症してしまう方がいます。

何故、人によってそのような差が起こってしまうのでしょうか。

それは「脳の老化」が影響を及ぼしています。

実は脳の老化は生活習慣の良し悪しによって、かなりの変化をもたらしてくるのがわかっています。

では「若々しい脳」を保つために、どのような生活習慣が推奨されるのか実例を挙げながら検証してみたいと思います。

〇オリーブオイルを摂取する

過剰な糖分や脂肪分を多く含む食品、そしてアメリカナイズされた加工食品を中心にした食生活を続けると、脳の老化が速まることがわかっています。

※過剰な糖分接種=脳の記憶力を減退させ、アルツハイマー病のような神経変性疾患を発症する確率を上昇させます。

〇空気の汚い場所での生活を避ける

当たり前のことですが、空気の汚い場所で生活を続けることは脳にとって良くありません。

実際に「ストローク」という医療雑誌によると、汚染された空気と脳の若年性老化の関係が実証されています。

例えば高速道路周辺に住んでいる人は血の汚れが酷く、「無症候性脳梗塞/隠れ脳梗塞」といった脳血管障害のリスクが高いという結果が報告されています。

〇お酒の飲み過ぎやタバコの吸い過ぎに注意

お酒やタバコを飲み続ければ、脳の細胞を破壊することがわかっています。

そしてそれを続ければ続けるほど、脳の老化は加速します。

ちなみにお酒は閑散期を設ければ害はないといわれていましたが、それでも大量飲酒をすることによって脳細胞の生産が40%低下することがわかっています。

〇ストレスをため込まない

健康を維持するうえで、ストレスをため込まない生活を続けることがベストだといわれています。

例えば慢性的なストレスは、テロメアと呼ばれる染色体の末端細胞の老化を司る配列を短くすることがわかっています。

「テロメアが短くなる→早期に健康問題を引き起こす」…つまりストレスが脳障害のリスクを上昇させるのです。

〇頭は使わなければダメになる

若々しい脳を維持するためには、脳を使い付けることだといわれています。

もちろん難しい問題を解く必要はありません。

脳を活性化するためにちょっとしたトレーニングを続けることに意味があります。

例えば(日常的に)読書や料理をしたり、流行のクロスワードパズルをするのも効果的だといわれています。

※実際にクロスワードパズルは薬物より認知機能の低下防止に効果があることがわかっています。

上記に明記した内容は、誰でも簡単に実行することができます。

そしてあとはそれを続けるだけです。

関連記事

no image

1週間のICU治療

みなさんはICU(集中治療室)をご存知でしょうか。 妻に聞いたところ、私は1週間、IC

記事を読む

no image

秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月になると、朝夕の気温もぐっと下

記事を読む

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

no image

データ入力

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。 「このたびは本当にあり

記事を読む

no image

脳血管障害で片麻痺を発症する理由

私は脳血管障害(=脳内出血)によって、右片麻痺を発症しました。 しかし何故、私は右片麻痺という障害

記事を読む

no image

そして、自分の意識が鮮明に蘇る

1週間に及ぶICU(集中治療室)による治療によって、「ようやく脳の肥大がおさまった」ことで、私は一般

記事を読む

no image

人生観を変えたリハビリ病院

ここではリハビリ専門病院のことにつて、詳しく書こうと思います。 そのリハビリ専門病院の患者のほ

記事を読む

no image

今後の生き方を考えてみる…

私は脳血管障害(脳内出血)を発症し右片麻痺という障害を持って以来、一番充実した日々を過ごしています。

記事を読む

no image

脳内出血を発症する前の生活を振り返る…

  私はある商社で働いていました。 もちろん自分のやりがいのある仕事でしたが、

記事を読む

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳

no image
脳が喜ぶ生活習慣について

いくつになっても頭が元気な方もいれば、50~60歳代で認知症を発症して

no image
脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。

no image
MRI検査をする理由について

初めて私がMRI検査を受けたのは、脳内出血で倒れた時だと思います。

no image
脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑