*

脳内出血と手術について

公開日: : 最終更新日:2019/10/23 脳内出血体験談

おぼろげですが脳内出血で倒れた後、病院に搬送され集中治療室(ICU)に運ばれました。

その時、脳圧をもとに戻すことがされたと思います。

そして一般病棟に移送された時、手術を受けたと思うのですが、麻酔もなくすごく痛かったことを覚えています。

※麻酔を掛けているかもしれませんが…。

ということでここでは、改めて脳内出血の手術の目的について触れてみたいと思います。

脳内出血の手術は、大きく2つに分類することができます。

〇出血してできた血の塊を取り出す

脳は頭蓋骨の中にあり、骨と脳の間にはほとんど隙間がありません。

脳内出血を発症すると血の塊が入り込むため、頭蓋骨の中は窮屈になり、その結果として脳全体が押しつぶされる危険性があります。

だから脳の中に発症した血の塊を取り除くことによって、脳を安定させる必要があります。

〇再出血の予防

出血ができた原因が動脈にできたこぶの場合、再び再出血する危険性があります。

それを防ぐため動脈のこぶの部分を手術すれば、「再出血による生命の危険を回避/重い障害を回避」することができます。

また脳の中では、さまざまな機能が分業作業を行っています。

困ったことに脳のさまざまな機能には、ほとんど代替が効かないのです。

つまり脳内出血を発症して脳が傷付けば、傷付いた部分の機能を失うことになります。

ちなみに私の場合、左側の脳の一部が傷付ついたため、右方麻痺(右手右足)の症状を発症しました。

仮に手術で生命を助けることができたとしても、それからの患者様やその家族の人生が有意義なものでなければ、手術をする意味がないのです。

「手術をした結果、植物状態になってしまったら、何のための手術だったのかわかりません。」

つまり手術自体が脳を傷付ける危険性があるならば、患者様の中には手術を必要としないこともあり得るのです。

そして医師たちは手術の術前術後の予想チェックをしたうえで、(障害)を予測する必要があるのです。

人生に対する価値観は人それぞれです。

その価値観をじっくり考えた上で、脳内出血の手術の有無を考えなければいけないのです。

ちなみに私の場合、脳内出血によって右片麻痺を発症し絶望の淵まで追い込まれました。

そして手術で生命を生き永らえたことも後悔しました。

しかしそれから22年、こうして生き続けています。

子どもたちも立派に成人しました。

それを考えると、生命を生き返らせてくれた医師には感謝しかありません。

関連記事

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

no image

年金の裁定は本当に有難いので年金を納付することは大切です

私の場合は病気で働けなくなって収入がなくなり、どうしようかと考えていた時に障害年金を知りました。これ

記事を読む

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

脳内出血とうつ病と自殺について

私自身、脳内出血になって手足が動かないことを知った瞬間、ある想いだけがずっと脳裏をよぎっていました。

記事を読む

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

no image

脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。 脳梗塞(脳血管障害)を

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか機能がわかっていないともいわれ

記事を読む

no image

脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけない」という動作がありました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳を鍛えるトレーニングについて

私人間は否応なしに、加齢とともに記憶力(脳の能力)が低下していく生き物

no image
アルツハイマー病へ希望の光!!!

認知症の患者が家族の中にいる方にとって朗報な話があります。 アメ

no image
傷付いた脳は回復する!?!~脳に秘められた回復力~

バイクに乗っている人は必ずヘルメットを装着しています。 それはヘ

no image
若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳

no image
脳が喜ぶ生活習慣について

いくつになっても頭が元気な方もいれば、50~60歳代で認知症を発症して

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑