*

脳内出血を発症して23年の月日が経とうとしています…

公開日: : 脳内出血体験談

私は37歳の時に脳内出血を発症し、気付いたら23年も経っていました(今年60歳の還暦を迎えました)。

正直な感想として、「よく60歳まで生きてきたもんだ!」というのが実感としてあります。

それと同時に最近感じることは、確実に体力が落ちていることです。

例えば脳内出血を発症した頃は(40歳前後)、2~3kmでも平気で歩くことができていました。

歩くことはリハビリと考え、苦でもありませんでした。

しかし今は1km歩くのがやっとで、それも「イヤイヤ」歩いている感じです。

とにかく体力の衰えを感じています(麻痺した手足の動きもぎこちなくなった気がします→つまづいてしまう))。

先日、長女の結婚式があったのですが、ふと思い出しました。

「本当によく生きてきたもんだ。いつ死んでもいい、早く死にたいと思っていたのに…」

「バージンロードを一緒に歩き、念願だった夢も叶えることができたし、あとは何を目標にしていこう…。」

もちろん子どもたちのためにも生きようと思っているけど、逆にこれ以上長く生きると迷惑をかけてしまうかもという気持ちも。

そんなことを考える日々ですが、ネットを見ていたら次のことが書かれていました。

「脳梗塞を起こした年代に応じた平均寿命」

〇脳梗塞を50代で起こした人の平均余命。

男性では28年、女性では32年という統計が出ていました。

※ちなみに健康体の50歳の平均寿命は男性で30年、女性で33年という結果が出ていました。)

また60歳代で脳梗塞を起こした平均寿命は男性で20年、女性で24年…。

ちなみに私は37歳で脳内出血を発症しているので、平均寿命は約15年…それを考えると、よくここまで生きてこれたというのが実感です。

そしてこのネットに書かれていた記事は、まとめとしてこう記載していました。

脳梗塞を発症した人は例えそれが軽い症状だったとしても、健康な人よりも無条件に寿命が短くなってしまいます。

また脳内出血よりも、予後が悪くなることもわかりました。

脳梗塞を発症すると、どうしても生活の質が低くなります。

それを補うには理学療法や言語療法などをリハビリとして捉え、できる限り(頑張って)回復に力を注ぐ必要があります。

最後に自分自身の人生計画(予定)を書こうと思います。

できることなら70歳までは行きたい…かも。

その理由は「孫の顔がみたい」からです。

長女は26歳で、今は好きで入社した会社で頑張っているんだけど、常々こう言っているんです。

「30歳までに一軒家を購入して赤ちゃんを作りたい。」と。

ということは…あと4年は孫の顔を見ることができないんです。

できれば今すぐにでも見たいところなんですが、こればっかりは(苦笑)。

ということで、今は孫の顔を見ることを目標にしています!!!

関連記事

no image

脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はありますが、数日から数週間ICU

記事を読む

no image

血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。 2020年1月に認知症を

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

日常生活やリハビリ運動を阻害する「クローヌス」

脳内出血で倒れて、しばらくしてから本格的にリハビリ専門病院でリハビリテーションをしました。 そ

記事を読む

no image

コロナ感染症が脳を犯している?!?(アルツハイマー病)

母親が入所している施設は今、大変な状況になっています。 もちろん施設で母親たちの面倒をみてくれ

記事を読む

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

no image

高次脳機能障害について

みなさんは「高次脳機能」という言葉を知っていますか? 私たちの脳はとても高度な働きをしていて、

記事を読む

no image

身体と心のリハビリが脳について必要になってきます

脳内出血は外見上、障害が残ったという感じはありませんでした。目と右足に障害が残りました。それに身体の

記事を読む

no image

母がグループホームに入所しました。

ケアマネージャーや家族や親族の助言によって、母をグループホームに入所させることになりました。

記事を読む

no image

脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。 しかし時間や経済的に余裕がな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。第二作目

先生様、アフィリエイター様…そしてまったくパソコン初心者の私のために、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。

現在、私の月収は150万円を超えています。 そして、ふと自分の人生を

副業に対する自分自身の思いが収入に繋がります…

  私は副業(情報商材レター)を読むにつけ、い

no image
高齢者のインフルエンザについて

今年のインフルエンザは1~2ヵ月早く大流行しているみたいですね。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑