*

漢方薬の睡眠剤と睡眠を促進する薬について

公開日: : 脳内出血体験談

施設に入所している母は、今年で90歳になります。

気付いたら施設に入って3年が経ちました(認知度も1→3に)。

そんな母親は夜に徘徊する癖があって…(以前、私も徘徊に悩まされ脳梗塞を発症しました。)

実は施設でも夜に徘徊をしていて、ある意味、施設で働いている介護者にとっても悩みの種になっていました。

先日、私は母親を連れて月1回の病院に連れていき、その旨を先生に相談しました。

「普通に睡眠薬を処方することもできるんですが、そうすると寝起きに頭がフラフラして下手をしたら倒れる危険性があるんですよ。」

そこで先生から提案されたのが漢方薬でした。

〇漢方薬のメリット

・不眠の原因となる心身のバランスを整えることによって、自然な睡眠を促す効果があります。

・漢方薬は睡眠薬と違い睡眠を誘発する作用はなく、即効性はないが服用を続けることによって体質が改善されます。

・漢方薬は安全に使用できる睡眠薬として期待されていて、ほかの睡眠薬の減量効果にもなっています。

上記に明記した漢方薬のメリットを聞いたうえで、私は先生に漢方薬を処方してもらうことに決めました。

※もっとも軽い漢方薬です。

それから病院から帰って、母親の担当者に新しく漢方薬を処方してもらったことを報告しました。

※ちなみにどんなに素晴らしい漢方薬でも、合う合わないがあるのも教えてもらっています。

それから2日後、担当者から電話が…。

「新しい漢方薬を飲んでから、徘徊時間が激しくなってきて…1日2~3時間程度しか寝ないようになったみたいで。」

「しかも夜中に寝ている人のドアを開けて、顔を除くように…。」

とりあえず私の独断で漢方薬を飲むのを中止して、その旨を先生に報告しました。

「ん~~この漢方薬でそんな事例があるのは、私自身も初めてです。とにかく漢方薬は中止してください」と。

それにしても夜中の1~2時から、ずっと徘徊するのも初めてでした(人に迷惑をかけるのも)。

そうして先生と相談して決めた薬が…「睡眠を促進する薬」でした。

この薬は(確か)2~3年前に認可された薬だったと思います。

しかも私も別の病院で処方してもらっていて、寝起きのフラツキもありません(正直、効果があるのかどうかも疑問(苦笑い))。

以降、睡眠を促進する薬を飲ませてもらっているのですが、結果が出るのはもう少し先のことかもしれません。

ちなみに睡眠を促進する薬には「5mg/10mg」があって、まずは5mgを処方してもらっています。

どのような結果がでるのかわかりませんが、とにかく夜グッスリと寝て欲しいものです。

 

関連記事

no image

母が2回目の肺炎になってしまった。

実は現在、母親が肺炎で入院しています。 1度目は去年の暮れ…施設の担当者から「微熱が続く・身体

記事を読む

no image

脳血管障害や心筋梗塞に必要な水分補給

夏になると脳血管障害や心筋梗塞が発症しやすくなると言われています。 その原因の1つに「体内の水

記事を読む

no image

脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら「患者にどんな後遺症があるのか

記事を読む

no image

生命保険会社について

私は新卒で就職した時に、会社に来る日本生命の外交員のおばあさんに強く勧められて、死亡保険2000万円

記事を読む

no image

現時点での母の状況について…

母が近くのデイサービスにお世話になって、3年目になりました。 認知症の母のモットーは、「毎日歩

記事を読む

no image

脳梗塞と勘違いされる「白質病変」

去年の暮、私は小脳梗塞で約2カ月間入院しました。 しかし私の場合、小脳梗塞が本当に小さかったこ

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組が流行っています。 そう

記事を読む

no image

母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専属のケアマネージャーも付き「要

記事を読む

no image

退院後、3ヵ月目のMRIの結果

4月25日、済生会病院で脳動脈瘤のMRIの検査結果がわかりました。 診察室に入る前、どうしても

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
漢方薬の睡眠剤と睡眠を促進する薬について

施設に入所している母は、今年で90歳になります。 気付いたら施設

no image
MRIとCTの違い(重要性について)

今年の3月、小学校からの幼馴染が会社の健康診断を受けたんだけど…後日、

no image
母親の介護保険被保険者証について

母親は3年前から介護保険サービスを利用していて、その時に「要支援・要介

no image
脳内出血後の余命について

私が脳内出血を発症して、はや25年が経とうとしています。 その中

no image
友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう
PAGE TOP ↑