*

脳梗塞後遺症と再生医療について

公開日: : 脳内出血体験談

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。

そして約20年間、右片麻痺の後遺症と付き合っています。

しかし現在、こうした脳血管障害による後遺症に対して新しい研究が進められています。

それが「再生医療」です。

再生医療とは障害を受けた組織や臓器・生体機能を再生させることによって、元の機能を回復させる治療法をいいます。

私が脳内出血を発症したころはまだ再生医療という概念もなく、後遺症が残った身体と上手に付き合いながら暮らしていくことが、ベストな選択として考えられていました。

しかし「幹細胞・ES細胞・iPS細胞」といった再生医療が登場したことによって、脳血管後遺症に対する取り組みが急速に発展を遂げているのです。

そして上記に明記した治療技術は、今まで実現することが不可能であった脳血管障害の後遺症を回復させる最善の手段として期待されているのです。

さらにこうした再生医療の中で、もっとも期待されているのが「患者様自身の骨髄間質細胞を活用する」手法です。

というのも骨髄間質細胞は「ES細胞・iPS細胞」に比べ、生命倫理的な問題や免疫反応・腫瘍形成などの問題がなく、臨床応用への有用性が高いと考えられているからです。

このように脳血管障害の後遺症に利用されている再生医療ですが、実は再生医療と勘違いされている治療法があるのをご存知でしょうか。

それを「細胞治療」といいます。

まずハッキリしなければいけないことは、「再生医療は細胞治療とイコールではない」と言うことです。

例えば細胞治療は、患者様自身の身体の細胞(ES細胞・iPS細胞・幹細胞)を使って行われる治療法を指します。

実は細胞治療と再生医療は同義語ではなく、この区別は医療従事者の中でもまだ正確に理解されていない部分でもあるのです。

ではここで、脳梗塞に対する現在の細胞療法の種類について明記しておきます。

○ES細胞
○iPS細胞
○自家細胞(患者様自身の細胞を利用します)
○他家細胞(患者様以外のヒトの細胞を利用します)

これまで、脳血管障害の後遺症の治療は確立されていませんでした。

それ故脳血管障害を発症した場合、後遺症が残ったとしても致し方なしと捉えられていました。

そして今、脳血管障害の後遺症の治療法で、残された治療法こそが「細胞治療」なのです。

「細胞治療は現状で最も見込みのある、残された治療開発領域なのです。」

私たちはこの治療領域がさらに成長を遂げ、脳血管障害の後遺症の新しい治療アプローチとして、臨床に応用さることを期待しています。

関連記事

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に86歳で他界)。 そんな

記事を読む

no image

生命保険会社について

私は新卒で就職した時に、会社に来る日本生命の外交員のおばあさんに強く勧められて、死亡保険2000万円

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら「患者にどんな後遺症があるのか

記事を読む

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

no image

病院は病気を治療する所ですが検査ばかりしなくてよかったです

最初の市民病院の脳神経内科、脳神経外科の入院はナースさんがおおよその事を見てくれました。大部屋でほか

記事を読む

no image

脳血管障害は完治したとしても後遺症が出る恐れあり

脳内出血や脳卒中、脳梗塞など脳の病気は完治する場合とそうでない場合があります。私の場合は1度完治した

記事を読む

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑