*

退院後、3ヵ月目のMRIの結果

公開日: : 最終更新日:2022/05/26 脳内出血体験談

4月25日、済生会病院で脳動脈瘤のMRIの検査結果がわかりました。

診察室に入る前、どうしても最悪の事態を考えてしまいます。

「もし脳動脈瘤が本当に大きくなっていたらどうしよう/ほかの部位に動脈硬化や認知症の症状が出ていたらどうしよう…」

そしていざ、先生が待っている診察室へ呼ばれました。

そこには、去年の10月と今年の2月の撮影したMRIが比較対象として並べておいてありました。

「○○さん、まずこれが脳動脈瘤なんですが、大きさは2mmと変わっていないので問題ありません。」

「次にこのMRIを見て欲しいんですが…」

一瞬、最悪のことを考えてましたが、結果は最高のものでした!

「この2本の血管を見てください。」

「大きさというか太さがかなり違いますね。」

「そうなんです、左が入院時に撮ったMRIで右が2月に撮ったMRI、右の血管の方が太くなっているのがわかりますよね。」

「はい、わかります。」

「簡単にいうとこの血管は動脈硬化になってしまっていて、かなり危険な状態にあったんですが、現在はその兆候もなくなったような感じがします。」

「つまり血管が回復したってことですか?」

「はい、そうです。」

万歳三唱をしたい気分になるくらい嬉しく、ホッとしました。

「それと先生、認知症とみられるような脳の初見はありましたか?」

「それも大丈夫ですよ、問題ありません。」

多分、大丈夫なんだろうという気持ちを持ちながら、もし悪い方向に向かっていたらどうしようと思う気持ちがあった私。

何度も言いますが、本当に安心しました。

そして先生が言うには、

「○○さんのストレスはかなり大変だったんですね。夜の徘徊に目を向けること自体、かなりしんどかったと思います。」

「はい、2~3時間しか眠れない日々が続いた結果、小脳梗塞を発症しましたから。」

改めて思ったこと…それは「ストレスって本当に怖い!!!」ことでした。

ストレス自体、症状として目に見えるモノではないのでピンとこないかもしれません。

事実、私自身も母親の認知症によるストレスだと思っていましたが、実際にはわかっていませんでした。

しかし「血管の太さが違う」という対象物を目の前に見て、ストレスの恐怖を感じました。

ネットや新聞を通じて、「ストレス」に関するニュースをよく読みます。

「自分はストレスに強い」とも思っていましたが、それは大きな間違いでした。

誰でもストレスを発症する危険性はあるわけで、それが原因としてさまざまな病気を発症することがあるのが(実際に)わかりました。

ということで次のMRI検査は、1年後の2月になりました。

何はともあれ、本当に良かったです。

関連記事

no image

認知症予防のための脳トレ

厚生労働省によると、7人に1人の割合で認知症を発症している統計が出ています。 さらに高齢者社会

記事を読む

no image

脳の健康チェック~脳ドック~

最近、健康関連の番組が人気があるようですね。 私もたまに見るんですが、そこで気になっているのが

記事を読む

no image

認知症が中~後期になると、どんな症状を引き起こすの?

認知症が中期症状になったら、いったいどのような状態を引き起こすのでしょうか?(それに対する対処法)

記事を読む

no image

脳血管障害や心筋梗塞に必要な水分補給

夏になると脳血管障害や心筋梗塞が発症しやすくなると言われています。 その原因の1つに「体内の水

記事を読む

no image

若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳をイキイキとさせる方法があるの

記事を読む

no image

脳血管障害と認知症について(アルツハイマー型認知症)

脳血管障害は、脳の血管が詰まり出血が発症する病気をいいます。 そして脳血管障害を発症すると、脳

記事を読む

no image

脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。 しかし時間や経済的に余裕がな

記事を読む

no image

脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。 この働き方改革法案の意味す

記事を読む

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


no image
脳内出血を発症して23年の月日が経とうとしています…

私は37歳の時に脳内出血を発症し、気付いたら23年も経っていました(今

no image
高齢者の誤嚥性肺炎について

先日(朝の10時頃)、入居している施設から電話がありました。 「

no image
私が手術を受けた開頭血腫除去術について…

さかのぼる事、1997年3月13日、脳内出血で倒れた私は大阪の日本橋病

no image
認知症が中~後期になると、どんな症状を引き起こすの?

認知症が中期症状になったら、いったいどのような状態を引き起こすのでしょ

no image
脳血管障害の原因~それに伴う患者と看護師~

ここでは、改めて脳血管障害(脳梗塞)が発症した原因について考えてみたい

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑