*

脳血管障害とストレスの関連性について

公開日: : 最終更新日:2022/06/22 脳内出血体験談

ストレスが蓄積することによって、心身の健康が蝕まれるのは周知の事実です。

ではどのようにして、私たちはストレスを受けてしまうのでしょう。

私たちがストレスを受けた時、副腎から「ストレスホルモン」が分泌され、それは血流によって全身の臓器に運ばれます。

例えばストレスホルモンが心臓に運ばれると、心拍数が増えます。

またストレスホルモンは自律神経の働きを活性化→血管を収縮(締め上げる)→血圧を上昇させます(高血圧)。

このようにストレスホルモンによって引き起こされるさまざまな身体の反応を、「ストレス反応」といいます。

でも仮にストレスホルモンを作る原因が1つなら、ストレス反応は比較的に治まりやすい傾向にあります。

問題はストレスの要因がいくつも重なった時です。

この場合、当たり前のことですがストレスホルモンが大量に分泌されてしまうことになります。

その結果、「心拍数が上昇する/血圧が急上昇する」等々が激しくなり、脳血管障害や心筋梗塞といった死を招く疾患を引き起こす危険性が高まってくるのです。

次に脳血管障害とストレスの関連性の付いて考えてみたいと思います。

脳血管障害を引き起こす要因の1つに高血圧が挙げられます。

〇高血圧になる仕組みは、次の要因が考えられます。

「強いストレスホルモンから身を守る→興奮作用があるアドレナリンなのどホルモンが大量に分泌→血圧が上昇する。」

「交感神経が優位になる→身体にとって重要な器官:脳や心臓に血液が集中する→血圧が上昇する。」

さらに高血圧を引き起こす要因として、強いストレスによる自律神経の乱れも…。

もともと自律神経は私たちの身体のメカニズムを整える働きがあります。

しかし自律神経のバランスが乱れると身体のメカニズム自体が乱れ、あらゆる身体の部分に不調が起こります。

その中でもっとも恐ろしいのが、「血栓の発生」です。

血栓ができてしまうと、脳や心臓の細い血管を詰まらせてしまい…死に至らしめる危険性を伴うからです。

このようにストレスホルモン(ストレス反応)は、結果として私たちの身体に大きなダメージを与えてしまうのです。

それと強いストレスを感じている(受けている)人の傾向として、暴飲暴食が挙げられます。

※ストレスでダメージを受けている身体にとって、暴飲暴食は最大の難敵かもしれません。

何故なら自分自身が気付かないうちに食べてしまっているからです。

「ノンストレスを目指す」といっても、現実的に考えれば、それは無理な話です。

ではどうしたらいいのか!というと、私たちはストレスに反応しにくい身体を作る必要があります。

〇Ⅰ日15分程度でいいから、必ず運動をする。

〇(無理をしないで)楽しく生活できることを意識する。

〇毎日、十分な睡眠を心掛ける。

〇食事は栄養バランスを考え、楽しい食卓を心掛ける。

〇仕事の合間に適度な休憩を挟む。

上記に明記したことを実践すれば、ストレスホルモンを減少することができます。

関連記事

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

2ヵ月の入院の後の母親の変化

私が小脳梗塞で約2カ月間の入院を余儀なくされました。 その間、母親はどうしていたのかというと、

記事を読む

no image

脳梗塞と勘違いされる「白質病変」

去年の暮、私は小脳梗塞で約2カ月間入院しました。 しかし私の場合、小脳梗塞が本当に小さかったこ

記事を読む

no image

無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組が流行っています。 そう

記事を読む

no image

高次脳機能障害について

みなさんは「高次脳機能」という言葉を知っていますか? 私たちの脳はとても高度な働きをしていて、

記事を読む

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

no image

脳血管障害と緑茶&コーヒーについて

脳内出血を発症した私は、普段からブラックコーヒーを1日3~4杯飲むようにしています。 そして今

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

高齢者の誤嚥性肺炎について

先日(朝の10時頃)、入居している施設から電話がありました。 「急に食欲がなくなったみたいで、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。第二作目

先生様、アフィリエイター様…そしてまったくパソコン初心者の私のために、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。

現在、私の月収は150万円を超えています。 そして、ふと自分の人生を

副業に対する自分自身の思いが収入に繋がります…

  私は副業(情報商材レター)を読むにつけ、い

no image
高齢者のインフルエンザについて

今年のインフルエンザは1~2ヵ月早く大流行しているみたいですね。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑