*

アルツハイマー病へ希望の光!!!

公開日: : 脳内出血体験談

認知症の患者が家族の中にいる方にとって朗報な話があります。

アメリカの製薬会社「バイオジェン」と日本の「エーザイ」が開発したアルツハイマー病の新薬が治験を行っているのです。

それが「アデュカヌマブ」です。

アルツハイマー病は脳の中に「アミロイドβ」という物質(異常なたんぱく質)が溜まることによって、さまざまな認知症の症状を発症する病気です。

今回新薬として発表されたアデュカヌマブは、アミロイドβを取りぞくことによって神経細胞が壊れるのを防ぐことができるのです。

では何故、これだけアデュカヌマブは「すごい新薬!」だと言われているので消化?

実は今まで認可されている認知症の薬は、予後の状態を抑えるための薬でした。

つまり発症してしまった認知症の症状を緩和するための薬で、認知症を改善するための薬ではなかったです。

今回発表されたアデュカヌマブは、アルツハイマー病を抑制する治療薬だったのです。

※ちなみに認知症の薬として、アデュカヌマブは2003年以来(実に18年ぶり)に発表された新薬です。

では肝心の治験の結果はどうなっているのでしょうか。

まずアデュカヌマブを「少しだけ投与するグループ/大量に投与するグループ/まったくアデュカヌマブを投与しないグループ」に分類して、

月に1回、1年半にわたって投与して認知機能を調べました。

この中間発表が行われましたが、それによると「アデュカヌマブの有効性を認めるのは難しい」という結果が出たそうです。

これによって治験はいったん中止になりましたが、その後、最終的に試験を終えた人たちのデータを加えたうえで詳細な解析をしたところ、

2つの試験のうち1つの試験で「認知機能の低下が22%抑制された」という結果が出たそうです。

それと脳内に溜まったアルツハイマー病の原因とされる異常なたんぱく質「アミロイドβ」が、59%→71%減少したことが確認されました。

この結果によって、改めてアデュカヌマブが認可されるような感じになってきたのです。

仮に認可が決まってもさらに厄介な問題が…それは金額です。1回の投与に47万円掛かるとか…。

どちらにしても認知症の第一歩が動き出したは言うまでもない事実だと思います。

ちなみにアルツハイマー病は認知症の1つであって、すべての認知症患者にアデュカヌマブが効くわけではありません。

※アルツハイマー病に対してアデュカヌマブの効果があったに過ぎません。

ちなみに私の母親も認知症を患っていますが、それは血管性認知症(新薬は関係ありません。)

今後どうなるかわかりませんが、間違いなくアデュカヌマブが新しい1歩を踏み入れたのは言うまでもない事実です。

関連記事

no image

脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。 しかし時間や経済的に余裕がな

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか機能がわかっていないともいわれ

記事を読む

no image

病院は病気を治療する所ですが検査ばかりしなくてよかったです

最初の市民病院の脳神経内科、脳神経外科の入院はナースさんがおおよその事を見てくれました。大部屋でほか

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

傷付いた脳は回復する!?!~脳に秘められた回復力~

バイクに乗っている人は必ずヘルメットを装着しています。 それはヘルメットで頭を守るため…では何

記事を読む

no image

脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そしてすぐに治る頭痛は良いのですが、

記事を読む

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

no image

若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳をイキイキとさせる方法があるの

記事を読む

no image

脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。 脳梗塞(脳血管障害)を

記事を読む

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
大脳・脳幹・小脳

私たち人間の脳は「大脳・脳幹・小脳」の3つで構成されています。

no image
脳を鍛えるトレーニングについて

私人間は否応なしに、加齢とともに記憶力(脳の能力)が低下していく生き物

no image
アルツハイマー病へ希望の光!!!

認知症の患者が家族の中にいる方にとって朗報な話があります。 アメ

no image
傷付いた脳は回復する!?!~脳に秘められた回復力~

バイクに乗っている人は必ずヘルメットを装着しています。 それはヘ

no image
若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑