*

アルツハイマー病へ希望の光!!!

公開日: : 脳内出血体験談

認知症の患者が家族の中にいる方にとって朗報な話があります。

アメリカの製薬会社「バイオジェン」と日本の「エーザイ」が開発したアルツハイマー病の新薬が治験を行っているのです。

それが「アデュカヌマブ」です。

アルツハイマー病は脳の中に「アミロイドβ」という物質(異常なたんぱく質)が溜まることによって、さまざまな認知症の症状を発症する病気です。

今回新薬として発表されたアデュカヌマブは、アミロイドβを取りぞくことによって神経細胞が壊れるのを防ぐことができるのです。

では何故、これだけアデュカヌマブは「すごい新薬!」だと言われているので消化?

実は今まで認可されている認知症の薬は、予後の状態を抑えるための薬でした。

つまり発症してしまった認知症の症状を緩和するための薬で、認知症を改善するための薬ではなかったです。

今回発表されたアデュカヌマブは、アルツハイマー病を抑制する治療薬だったのです。

※ちなみに認知症の薬として、アデュカヌマブは2003年以来(実に18年ぶり)に発表された新薬です。

では肝心の治験の結果はどうなっているのでしょうか。

まずアデュカヌマブを「少しだけ投与するグループ/大量に投与するグループ/まったくアデュカヌマブを投与しないグループ」に分類して、

月に1回、1年半にわたって投与して認知機能を調べました。

この中間発表が行われましたが、それによると「アデュカヌマブの有効性を認めるのは難しい」という結果が出たそうです。

これによって治験はいったん中止になりましたが、その後、最終的に試験を終えた人たちのデータを加えたうえで詳細な解析をしたところ、

2つの試験のうち1つの試験で「認知機能の低下が22%抑制された」という結果が出たそうです。

それと脳内に溜まったアルツハイマー病の原因とされる異常なたんぱく質「アミロイドβ」が、59%→71%減少したことが確認されました。

この結果によって、改めてアデュカヌマブが認可されるような感じになってきたのです。

仮に認可が決まってもさらに厄介な問題が…それは金額です。1回の投与に47万円掛かるとか…。

どちらにしても認知症の第一歩が動き出したは言うまでもない事実だと思います。

ちなみにアルツハイマー病は認知症の1つであって、すべての認知症患者にアデュカヌマブが効くわけではありません。

※アルツハイマー病に対してアデュカヌマブの効果があったに過ぎません。

ちなみに私の母親も認知症を患っていますが、それは血管性認知症(新薬は関係ありません。)

今後どうなるかわかりませんが、間違いなくアデュカヌマブが新しい1歩を踏み入れたのは言うまでもない事実です。

関連記事

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

2ヵ月の入院の後の母親の変化

私が小脳梗塞で約2カ月間の入院を余儀なくされました。 その間、母親はどうしていたのかというと、

記事を読む

no image

MRIの結果が出ました!

1年に一度のMRIの検診の結果が出ました。 すぐに結果発表といきたいところですが、まずは「MR

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

大脳・脳幹・小脳

私たち人間の脳は「大脳・脳幹・小脳」の3つで構成されています。 その中で大部分を占めているのが

記事を読む

no image

高齢者の誤嚥性肺炎について

先日(朝の10時頃)、入居している施設から電話がありました。 「急に食欲がなくなったみたいで、

記事を読む

no image

脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そして約20年間、右片麻痺の後遺

記事を読む

no image

認知症が中~後期になると、どんな症状を引き起こすの?

認知症が中期症状になったら、いったいどのような状態を引き起こすのでしょうか?(それに対する対処法)

記事を読む

no image

高齢者のインフルエンザについて

今年のインフルエンザは1~2ヵ月早く大流行しているみたいですね。 実は施設に入所している母のと

記事を読む

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。第二作目

先生様、アフィリエイター様…そしてまったくパソコン初心者の私のために、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。

現在、私の月収は150万円を超えています。 そして、ふと自分の人生を

副業に対する自分自身の思いが収入に繋がります…

  私は副業(情報商材レター)を読むにつけ、い

no image
高齢者のインフルエンザについて

今年のインフルエンザは1~2ヵ月早く大流行しているみたいですね。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑