*

母の認知症~3ヵ月が経過~

公開日: : 脳内出血体験談

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。

専属のケアマネージャーも付き「要介護2」。

当初は「幻覚や幻聴はあるけど身体に麻痺がないから要介護1しかでないかもしれない」と言われていました。

また週2回、デイサービスセンターも利用しています。

デイサービスで驚いたのは、昼食やおやつタイムだけでなくお風呂の介護も付いていることでした。

しかも朝9:30~夕方16:30まで面倒をみてくれる…。

これで1日≒1,000円なんです。

介護保険を申請することができて本当に良かったです。

そして肝心の母の認知症の状態について報告します。

「50年前に亡くなった母親が家に居る/高校時代の私が部屋をウロウロしている」

こういった幻覚は影を潜めました。

そして朝晩の逆転も治まってきました。

しかし初めから続いている幻覚もあります。

それは昔勤めていた会社のことです。

何かあれば「今日も仕事にいかんといけん」を何度も繰り返します。

その度に、私は「会社はもう倒産して無くなったよ」と繰り返すばかり。

まぁ、こんな日常が続いている感じです。

それと元気な頃は母がお金を管理してスーパーなどに出かけていましたが、今は私がお金の管理をしています。

当然、母には一銭も持たせていません。

ちなみにこれにも理由があります。

お金を持ったら、持った分使いきってしまうからです。

さらにお金が無くなると、掛けをしてでも買ってしまう…。

その度に私が母の病状を伝え謝りながらながら、売掛金を支払うといった感じだったのです。

今は散歩に出るたびに、「掛けをしてモノを買ったらいかん!」と強く念を押すようになり落ち着いてきました。

それと…警察にも2回お世話になりました。

まだ住所や電話番号を覚えているから、大事にならず助かっています。

ちなみに市役所の福祉課で警察が共有できるように、事前に母の写真&名前&住所等々を伝えてあります。

母の脳梗塞による認知症は高次機能障害の恐れもあり、約6カ月間、認知症の薬を処方してはいけないといわれています。

しかし客観的に判断しても、母の認知症は徐々にはですが進行しているような気がします(間違いなく)。

「この先どうなるんだろう!」と考えた時、何とも言えぬ恐怖感を感じるのも事実です。

でもなるようにしかならないのが認知症なのです。

最後に認知症の薬について少し触れておきます。

何故6カ月間、薬を処方してはいけないのか?

基本的に認知症を治癒する薬はありません。

あくまでも認知症の症状を抑える、、、それが現状です。

またこの期間、下手に認知症の薬を処方したら、さらに症状が悪化する危険性もあるからです。

だから6ヵ月経過してから、初めて認知症の薬を処方することができるのです。

関連記事

no image

年金の裁定は本当に有難いので年金を納付することは大切です

私の場合は病気で働けなくなって収入がなくなり、どうしようかと考えていた時に障害年金を知りました。これ

記事を読む

no image

長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組が放映されていました。

記事を読む

no image

発症するまでは飛び切り元気で健康な身体でした

私が脳内出血を起こしたのは33歳の時です。仕事もドンドンやっていて部下もおり、家庭には1歳ちょっとの

記事を読む

no image

身体と心のリハビリが脳について必要になってきます

脳内出血は外見上、障害が残ったという感じはありませんでした。目と右足に障害が残りました。それに身体の

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

no image

脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はありますが、数日から数週間ICU

記事を読む

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

冬場の脳血管障害~ヒートショック~

今年の冬は暖冬と予想されていますが、それでも確実に寒い冬はやってきます。 そして冬場になると、

記事を読む

no image

妊娠中の脳血管障害

人間にとって一番神秘的な行動は妊娠&出産です。 そして妊娠は女性しか経験することができません。

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じる疾患を脳血管障害といいます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

no image
母が脳梗塞を発症しました

2020年1月31日、母が変なことを言い出しました。 朝7:30

no image
脳内出血とうつ病と自殺について

私自身、脳内出血になって手足が動かないことを知った瞬間、ある想いだけが

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑