*

脳血管性認知症について

公開日: : 脳内出血体験談

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか機能がわかっていないともいわれています。

そんな脳の細胞は非常に繊細で、ちょっとした変化ですぐ機能を失います(死滅)。

例えば脳への酸素不足がそれにあたります。

脳内で血栓ができれば、血液が阻害され阻害部分より先の脳細胞は死滅してしまいます。

※脳内出血や脳梗塞といった症状がこれに当たります。

実はそうした症状の1つに「脳血管性認知症」があるのです。

私の母親も脳血管認知症を発症して(脳梗塞)、今の現状にあります。

※ちなみに認知症を発症している方の1/4は脳血管認知症です。

では脳血管認知症を発症してしまうと、どのような症状が起こってしまうのでしょうか?

〇物忘れといった記憶障害を発症してしまう。

〇見当識障害を発症してしまう(人物や時間・場所などの認識が難しくなる)。

〇実行機能障害を発症してしまう(物事を順序だてたり計画立てたりすることができなくなる)。

このように脳血管認知症を発症すると、上記に明記した症状を起こしてしまいます。

私の母親の場合、ラッキーにも四肢にまったく影響もなく、運動麻痺・知覚麻痺・言語障害にも問題は出ませんでした。

※物忘れはありましたが…。

しかし激しい妄想が起こりました。

母親は86歳ですが、母親の母親が生きていると勘違いして(目に見えるらしい)、母親の姿を追い続けたり…(生きていれば120歳)。

そして母親が姿を見せなくなれば、7年前に亡くなった父が現れたり…。

とにかく次から次へ母親の大好きだった人が現れてくるのです。

私自身、気がおかしくなるんじゃないかと思うほど悩みました。

朝昼版と時間は関係なかったからです。

一番しんどかったのは、朝2~3時頃にムクッと起き出し外へ探しに行こうとしたこと。

私自身の睡眠時間が奪われ、2~3時間程度しか寝ることができなくなっていました。

そんな時、偶然母親を納得させる言い訳が見つかったのです。

それは「親戚の家にいて仕事をしている」という内容でした。

母親にとって居場所がわかれば安心することができたんだと思います。

脳血管認知症(アルツハイマー病)は、高齢になったらだれでも発症する病気です。

「私は友だちも多いし、たくさん会話を楽しんでいるから大丈夫」…それでも発症する時は発症します。

認知症はさらに人数を増やしていくと思います。

「自分の母親が認知症になったらどうしよう!」と、考えておく必要があると思います。

関連記事

no image

何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 ではみなさんは、本当に脳血管障害の

記事を読む

no image

妊娠中の脳血管障害

人間にとって一番神秘的な行動は妊娠&出産です。 そして妊娠は女性しか経験することができません。

記事を読む

no image

脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はありますが、数日から数週間ICU

記事を読む

no image

脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。 しかし時間や経済的に余裕がな

記事を読む

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

認知症予防のための脳トレ

厚生労働省によると、7人に1人の割合で認知症を発症している統計が出ています。 さらに高齢者社会

記事を読む

no image

脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そしてすぐに治る頭痛は良いのですが、

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳

no image
脳が喜ぶ生活習慣について

いくつになっても頭が元気な方もいれば、50~60歳代で認知症を発症して

no image
脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。

no image
MRI検査をする理由について

初めて私がMRI検査を受けたのは、脳内出血で倒れた時だと思います。

no image
脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑