*

母が脳梗塞を発症しました

公開日: : 最終更新日:2020/02/26 未分類

2020年1月31日、母が変なことを言い出しました。

朝7:30に朝食を食べたばかりなのに朝食を食べようと言い出して…。

そして昼食も同じようなことを。

さらに夜になると、母の母親がこの家に住んでいると言い始めて。

私は「母が完全に痴呆症になった」と思い込んでしまい、翌朝市役所の福祉課に相談しに行きました。

ケアマネージャーが現れそれまでの流れを伝えました。

するとこう言われたのです。

「急におかしなことを言い始めたのは痴呆症とは違うような気がします。とにかく紹介状を書くので大至急済生会へ行ってください。」

実は痴呆症ではなく、脳血管障害の可能性が高いと言われたのです。

正直、ビックリしました。

手足が動かないとかロレツが回らないならすぐに発見できたのですが、まさか脳血管障害の可能性があるんなんて。

済生会で脳のMRIを撮ってもらったら、すぐにわかりました。

認知をつかさどる脳の視野が真っ白になっていたからです。

私は十数年前に脳内出血を発症し、その時右片麻痺を発症しました。

そんな私が母の脳梗塞の症状を発見することができなかったんです。

姉や親族は「わからなくて当然だよ」と言ってくれますが、ある程度脳血管障害の知識を持っていた私が見誤るなんて…。

その日から10日間、約2時間かけて点滴を打ち続けました。

入院も考えましたが母は85歳と高齢のため、自宅から通うことを選択しました。

※場所が変われば余計に興奮するからです。

その日から1週間は本当に大変でした。

○朝晩が逆転してしまい、夜中の3時頃に目を覚まし母が母親を探しに行こうとする。

○私(息子)が2人に見えるらしく、部屋中を探し回る。

○昔勤めていた会社に行こうとする。

○孫たちが布団の横に座ってジッと見つめている。

母と私は2人で住んでいるため、母の幻覚に付き合う度に私自身もおかしくなりそうでした。

それから姉貴夫婦が大阪から来てくれて、扉に二重のカギを付けてくれました。

脳梗塞が発症して、約1ヵ月が経とうとしています。

今でも幻覚はありますが、だいぶんマシになったような気がします。

3ヵ月程度経過したら、ある程度幻覚や幻聴が改善するとも聞いています。

どうなるかわかりませんが、これからも母の動向を見つめていきたいと思っています。

ちなみにいつかは認知症になるかもしれないと実家に帰省しましたが、こういう結果になって非常に残念に思っています。

そして改めて介護をしている方の気持ちが、痛いほどわかりました。

関連記事

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

脳梗塞の滑舌のトレーニング(ボバーズ記念病院)

脳梗塞(脳内出血)になってしまうと、言語機能障害を発症する可能性があります。 例えば右片麻痺になっ

記事を読む

no image

脳血管障害の私はまだラッキーな人生かもしれない

私の障害者人生を考えてみた時、まだラッキーだったと思います。 まず第一に私が地下鉄で倒れた時、ちょ

記事を読む

no image

ネットで副業(SOHO)を知る

アルバイト求人でさえすべて断られた現実を直視しながらも、それでも私は数少ない求人に応募し続けていまし

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

脳梗塞が起こりやすい季節

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。 そして、脳梗塞の患者は約80万

記事を読む

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

脳内出血を発症する前の生活を振り返る…

  私はある商社で働いていました。 もちろん自分のやりがいのある仕事でしたが、

記事を読む

no image

脳血管障害の後遺症について

脳梗塞や脳内出血といった脳血管障害を発症してしまうと、さまざまな後遺症に苦しめられることになります。

記事を読む

no image

情報商材に出会う

数少ない副業業務が終われば、あとの時間はインターネットで検索する日々…「何か身になる情報はないだろう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳の健康チェック~脳ドック~

最近、健康関連の番組が人気があるようですね。 私もたまに見るんで

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑