*

ネット副業のご相談承ります。

公開日: : 最終更新日:2017/07/21 未分類

・ライティング業務
こちらのビジネス
・情報商材の販売
・その他のビジネス

全て含めて、現在、私の月収は150万円を超えています。

今では十分過ぎる収入を得ています。

もちろん、これからも続けます。

もっと収入を増やしていくつもりです。

それと同時に、今年は次の事を実現していきたいと考えています。

それは、インターネットでの副業収入を考えている人の悩みを解決していくということです。

そう、インターネットビジネスのよろず相談所です。

私にできる範囲内でよろしければ、無料で相談を承りますので、ぜひご連絡をください。

どんなささいなことでもかまいません。
「何かを学ぶには人に教えるのが一番」

「教えながら学ぶ」

ということわざがあります。

私このことわざを座右の銘とし、これからの人生に悔いを残さないように頑張っていこうと思います。

関連記事

no image

障害者の仕事と収入を考えてみる

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常

記事を読む

脳血管障害~自覚症状~

脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血…時と場合によって、命を落とす危険性もあるこられの症状を「脳血管障害」

記事を読む

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

脳血管障害の主な治療法~血管内治療~

ここからは参考までに、脳血管障害(脳梗塞/脳内出血)の治療方法について具体的に触れておこうと思います

記事を読む

no image

脳血管障害の私はまだラッキーな人生かもしれない

私の障害者人生を考えてみた時、まだラッキーだったと思います。 まず第一に私が地下鉄で倒れた時、ちょ

記事を読む

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

脳卒中後に起こりやすいうつ病について

脳卒中を発症すると、片麻痺などの後遺症を引き起こすことは良く知られていることだと思います。 しかし

記事を読む

no image

ネットで副業(SOHO)を知る

アルバイト求人でさえすべて断られた現実を直視しながらも、それでも私は数少ない求人に応募し続けていまし

記事を読む

no image

初めての副業

アルバイト求人等々で仕事を見つけることに区切りを付けた私は、満を持してインターネットで「SOHO」検

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか

no image
脳に関する不思議な雑学

身体の中でもっとも重要なパーツといえば「脳」だと思います。 その

no image
健康な人にも起こり得る脳腫瘍

先日、日曜日の朝の番組に「関ジャニ∞安田章大」がゲスト出演していました

no image
認知症予防のための脳トレ

厚生労働省によると、7人に1人の割合で認知症を発症している統計が出てい

no image
脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑