*

私を立ち直らせてくれた恩人

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

私の人生は、ある意味、非常にラッキーだったと思います。

ラッキー…それは、人生における恩人(友達)に恵まれていたからです。

私は脳血管障害(脳内出血)で倒れる以前、ある商社で働いていました。

配属先は、北陸と九州全域の専門店を統括することでした。

1年のうち、出張期間は約100日…当然、有休といった休みはスルーしなければなりませんでした。

しかしそうした出張期間が増えるにつれて、私の周りでは様々な人たちが手助けをしてくれたのです。

・大学卒業後、まったく何もわからない素人同然の私を、徹底的に鍛えてくれた先輩…。
・私の不手際で専門店に多大な迷惑をかけた時、必死になって謝ってくれた上司…。

また10年近く専門店を任せられたことによって、仕事を超えた関係になった専門店の社長…。

そして1999年、私は右片麻痺になってしまったのです。

商社は会社都合にしてもらい退職…すぐにハローワークから半年間の失業手当を取得しましたが、それもアッという間に使い切りました。

それと時期を前後して障害年金の手続き、保険の手続き等々をしました。

しかし幼い子どもたち2人を抱えていた私たち(自分と妻)にとって、そうしたお金は次から次へと流れていきました。

いうまでもなく、どん底の状態です。

そんな時、風の噂かどうかはわかりませんが、わざわざある人物が私を訪ねてきてくれたのです。

その人物は、私が担当していた専門店の社長でした。

私はびっくりしたのと同時に感極まり、泣き崩れてしまったことを今でも覚えています。

社長に思いのたけをすべて話し、それで別れました。

後日、社長から電話が…
「私の会社でちょっとした仕事をしてくれないか?」
「インターネットとエクセルで文字入力ができれば大丈夫だから。」

私は即答しました…「ありがとうございます!是非、その仕事をさせてください。」…

それから社長は数年間に渡って、月々4万円の給料を振り込み続けてくれたのです。
(※今考えても、ほんのわずかな文字入力…しかも、仕事のない月もあったのです。)

もちろん、お金がすべてではありませんが…当時の私にとって、お金が頂けることは最高の喜びであったのも事実です。

今でもその社長とは交流があり、何かあれば微力ながら手伝いもさせてもらっています。

私の人生は、挫折の繰り返しかもしれません。

しかしその挫折の中でも、私にここまで立ち直るきっかけを与えてくれた恩人がいたことだけが私の誇りでもあります。

関連記事

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

片麻痺によるいろいろなリハビリ法

片麻痺になって初めて行ったリハビリは、ベッドの上に20~30分間座り続けることでした。 健常者から

記事を読む

no image

脳血管障害~後遺症の回復は長期戦~

脳血管障害による片麻痺後遺症を発症。 治療が終わり次第、すぐにリハビリに取り掛かるわけですが、その

記事を読む

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

no image

今後の生き方を考えてみる…

私は脳血管障害(脳内出血)を発症し右片麻痺という障害を持って以来、一番充実した日々を過ごしています。

記事を読む

no image

脳血管障害発症後に起こる異常行動について

脳血管障害を発症した場合、さまざまな苦境が待ち受けていることを、もっと多くの人が知るべきだと思います

記事を読む

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

no image

資格をもとに近所のアルバイトを応募~どうしようもない挫折感~

毎日の日課である1時間の散歩の途中に見つけたアルバイト求人…。 新聞の折り込み欄や広告に掲載さ

記事を読む

no image

脳内出血を発症する前の生活を振り返る…

  私はある商社で働いていました。 もちろん自分のやりがいのある仕事でしたが、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑