*

脳梗塞の滑舌のトレーニング(ボバーズ記念病院)

公開日: : 未分類

脳梗塞(脳内出血)になってしまうと、言語機能障害を発症する可能性があります。
例えば右片麻痺になった人は特に…。
その理由として、左脳に言語機能を司る細胞があるからです。
事実、私も大阪でリハビリ専門のボバーズ記念病院に3ヶ月間入院していた時、右片麻痺を発症した人で言語機能障害を併発した人も数多く見ています。
そして私自身も脳血管障害で倒れて約1ヶ月間は、口の中に綿を詰めたような感じで、私の言葉を聞き取ることがすごく難しかったと聞いています。
(※ちなみに私も右片麻痺だったのですが、あと1cm出血した場所がずれていたら言語機能障害を発症していたと医師から言われました。)
しかし右片麻痺/左片麻痺に関係なく、脳梗塞を発症してしまうと滑舌が悪くなります。
何故ならどちらか片方の筋肉が麻痺しているので、どうしても今まで通りに話すことができななくなるからです。
そこで、気になるのが滑舌のトレーニングです。
トレーニングの基本は、とにかく口(顎)を動かすことです。
そして当事者本人は、片麻痺になってしまった口(顎)の感覚になれることです。
感覚に慣れていけば~口を動かし続ければ、麻痺側の筋肉が次第に動くようになり、それと同時に滑舌が流暢になっていくのです。
そしてリハビリ病院などで滑舌のトレーニングをする場合、サポートをしてくれるのが言語聴覚士です。
言語聴覚士は滑舌のトレーニングをサポートするだけでなく、次のことをしてくれます。
○失語症の治療…
字のごとく失語症とは、言葉の理解と表出(言葉を口に出す行為)が困難になる障害です。
治療法としては、カードに描かれた絵を見てその物の名前を言うといった選ぶ訓練などを行います。
○摂食・嚥下(えんげ)障害の治療…
摂食・嚥下障害とは、食べ物を上手に食べたり飲みこんだりすることができなくなる障害です。
治療法として、ゼリーといった柔らかい食べ物を使って訓練をします。
○高次脳機能障害の治療…
高次脳機能障害とは、脳の損傷によって「言語/思考/記憶/行動/学習/注意」などに障害が起きた状態を表します。
治療法として、記憶や注意など多様な症状に合わせた機能訓練や生活訓練などが行われます。

関連記事

no image

資格を目指す

今でこそテレビのCM等々で頻繁に流れている生涯学習のユーキャン…。 そのユーキャンに代表される

記事を読む

no image

自暴自棄

リハビリ担当医から宣告された「もう右手右足は動かない」という現実を突きつけられて以来、数週間、私の精

記事を読む

no image

脳血管障害の私はまだラッキーな人生かもしれない

私の障害者人生を考えてみた時、まだラッキーだったと思います。 まず第一に私が地下鉄で倒れた時、ちょ

記事を読む

no image

初めての副業

アルバイト求人等々で仕事を見つけることに区切りを付けた私は、満を持してインターネットで「SOHO」検

記事を読む

no image

秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月になると、朝夕の気温もぐっと下

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

no image

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管障害と緑茶&コーヒーについて

脳内出血を発症した私は、普段からブラックコーヒーを1日3~4杯飲むよう

no image
何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 では

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑