*

血管性認知症とは

公開日: : 脳内出血体験談

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

2020年1月に認知症を発症した母は、まさしく脳梗塞による血管性認知症でした。

MRIで脳を検査してもらったら、認知をつかさどる視野がはっきり白く写っていました。

では血管性認知症を発症すると、いったいどのような症状が出てくるのでしょうか。

○認知機能障害

判断力は記憶力は比較的保つことはできますが、突然認知機能が悪化する障害をいいます。

母の場合、過去の出来事が現在のように感じるようです。

例えば高校生の私と現在の私が同居しているとか…正直、この症状が発症した時、気が動転してしまいました。

また昼夜が逆転する症状もあります。

母の場合も例外ではなく、夜中3時頃に目が覚めそれから朝ご飯を食べようとします。

○BPSD(行動・心理症状)

意欲や自発性がなくなったり落ち込んだりする症状をいいます。

母の場合、そういう症状はないと思います。

○身体面の症状

脳梗塞によって手足に麻痺を発症したり言語障害を発症する症状をいいます。

母の場合、幸運にも身体的ダメージはありませんでした。

次に血管性認知症を発症する場合、どのような方が多いのか触れてみたいと思います。

血管性認知症の有病率は100人に2人程度といわれています。

母の場合、高齢になってから高血圧予防の薬を処方していました。

少なからずそれも血管性認知症の一因になっている可能性があります。

また血管性認知症は遺伝するのか?について触れておきます。

一般的に血管性認知症は遺伝するものではありません。

そして最後にもっとも気になるのが、血管性認知症がどのような経過をたどるかについて触れてみたいと思います。

血管性認知症は脳の血管が詰まったり破れてしまった時に発症します。

そして新たに脳の血管が詰まったり破れたりすると、当然のことですが症状は悪化します。

※階段状に進行する

しかし細い血管が少しずつ詰まるタイプの血管性認知症の場合、必ずしも症状は階段状に進まず緩やかに進行するといわれています。

上記に明記した内容が血管性認知症の症状になります。

血管性認知症を発症した家族の対応は、アイメッセージといった柔らかい口調で接することが重要なポイントになります。

これが症状を穏やかにすると言われているからです。

その他に、「本人が無理しなくても楽しめることから始める・いろいろな誘い方をしたり、誘う人を替えてみる。介護保険のデイケアサービスなどを利用する・リハビリテーション」が重要なポイントになります。

私自身もこれを率先して、母親に穏やかな老後を過ごして欲しいと考えています。

関連記事

no image

脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら「患者にどんな後遺症があるのか

記事を読む

no image

脳血管障害と緑茶&コーヒーについて

脳内出血を発症した私は、普段からブラックコーヒーを1日3~4杯飲むようにしています。 そして今

記事を読む

no image

冬場の脳血管障害~ヒートショック~

今年の冬は暖冬と予想されていますが、それでも確実に寒い冬はやってきます。 そして冬場になると、

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じる疾患を脳血管障害といいます。

記事を読む

no image

母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専属のケアマネージャーも付き「要

記事を読む

no image

病院は病気を治療する所ですが検査ばかりしなくてよかったです

最初の市民病院の脳神経内科、脳神経外科の入院はナースさんがおおよその事を見てくれました。大部屋でほか

記事を読む

no image

何とかぎりぎりの崖っぷちを歩く感覚で一家四人で生活していました

病気の事もあり、自分の身体を優先し生活することにしました。と言うのは誰かに文句を言われていると思いこ

記事を読む

no image

無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組が流行っています。 そう

記事を読む

no image

脳内出血と手術について

おぼろげですが脳内出血で倒れた後、病院に搬送され集中治療室(ICU)に運ばれました。 その時、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
認知症予防のための脳トレ

厚生労働省によると、7人に1人の割合で認知症を発症している統計が出てい

no image
脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。

no image
脳の健康チェック~脳ドック~

最近、健康関連の番組が人気があるようですね。 私もたまに見るんで

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑