*

脳血管障害と癲癇(てんかん)について

公開日: : 未分類

みなさんは、癲癇という病気をご存知でしょうか。
簡単にいえば癲癇とはある日突然、全身けいれん発作を発症してしまう症状をいいます。
数年前、京都である事件(事故)が発生しました。
癲癇であることを会社に隠して営業で車を運転している時、急に癲癇の発作に襲われ多くの死傷者を出した事件です(=路肩を猛スピードで走り続けた結果)。
このように癲癇は、急に発作を起こしてしまう症状なのです。
実はボバーズ記念病院にリハビリ入院している時、初めて私は癲癇を発症した患者さんを目の当たりに見ることになりました。
ちょうど昼食タイムだったのですが~急に引きつった表情になったかと思った瞬間、全身がつっぱった様なけいれんを引き起こし、そのまま意識を失ったのです。
みんなが集まる中、私も「大丈夫か!」と思い近づいてみると、顔面蒼白で唇の色はチアノーゼ(=紫色)になっていました。
そして歯を食いしばった状態で、失禁もしていたと思います。
もちろんすぐに先生が駆けつけ治療を~その日の夕方には、何もなかったように温和な表情に戻っていつもの生活をしていました。
(※ちなみに癲癇の発作中、本人はそのときのことがまったく記憶に残っていないそうです。)
癲癇の原因は明確にわかっていないのですが、脳血管障害を発症した時に「癲癇持ち」なる人もいるといいます。
ちなみに癲癇は薬さえ飲んでいれば、80~90%の方が何事もなく過ごすことができるといわれています。
もし私が右片麻痺のうえに癲癇持ちだとわかったら、正直、1人で外を出歩くことはできなかったと思います。
だから~こんな右片麻痺の障害を持っている私でも「恵まれている。」と感じるのです。
私は歩くこともでき~こうして副業をすることもできます。
脳血管障害を発症した人の中には、そういうことができない多くの人がいるのも事実として認識する必要があるのです。
最後に、転換に対して偏見を持っている人が多いようですが~「癲癇は脳がある限り、誰でも発症する可能性がある病気である。」ということを付け加えておきます。

関連記事

no image

若年性脳梗塞の原因と兆候

脳梗塞の発症を考えた時、ほとんどが高齢者に発症しているというイメージがありました。 しかし近年、中

記事を読む

no image

そして、自分の意識が鮮明に蘇る

1週間に及ぶICU(集中治療室)による治療によって、「ようやく脳の肥大がおさまった」ことで、私は一般

記事を読む

no image

脳卒中後に起こりやすいうつ病について

脳卒中を発症すると、片麻痺などの後遺症を引き起こすことは良く知られていることだと思います。 しかし

記事を読む

no image

脳内出血を発症する前の生活を振り返る…

  私はある商社で働いていました。 もちろん自分のやりがいのある仕事でしたが、

記事を読む

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

資格を目指す

今でこそテレビのCM等々で頻繁に流れている生涯学習のユーキャン…。 そのユーキャンに代表される

記事を読む

no image

1週間のICU治療

みなさんはICU(集中治療室)をご存知でしょうか。 妻に聞いたところ、私は1週間、IC

記事を読む

no image

初めての副業

アルバイト求人等々で仕事を見つけることに区切りを付けた私は、満を持してインターネットで「SOHO」検

記事を読む

no image

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階

記事を読む

no image

脳梗塞が起こりやすい季節

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。 そして、脳梗塞の患者は約80万

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に

no image
秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月

no image
脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はあ

no image
脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。

no image
ウォークマンZXシリーズ

ある雑誌の男性に対するアンケートで、下記に明記する質問がありました。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    7人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑