*

脳内出血とうつ病と自殺について

公開日: : 最終更新日:2020/01/27 脳内出血体験談

私自身、脳内出血になって手足が動かないことを知った瞬間、ある想いだけがずっと脳裏をよぎっていました。

それは「こんな身体なら早く死にたい」の一言です。

「家族に迷惑が掛かる・会社を努められなくなる・生命保険が出る・分譲マンションがタダになる」

そんなことばかり考えていました。

脳血管障害を発症した患者の大半は、一瞬でも自殺のことを考えたことがあると思います。

いや絶対にあると断言できます。

何故なら脳内出血発症直後は、精神が不安定になり自分自身の置かれた状況に不安しか感じることができないからです。

では精神が不安になる症状の原因は、いったい何がそうさせているのでしょうか。

実は脳内出血を発症すると、ほとんどの患者がうつ病を発症してしまうからです。

ということで今回は脳内出血の発症後1年以内にうつ病の原因によって、自殺した患者のリスクが高まる傾向にあることについて説明してみたいと思います。

うつ病を発症すると、誰もが「頑張らなければいけない」と思ってしまいます。

しかし実際は動くこともできず苦しみに追い詰められ、究極の選択として自殺をしてしまうのです。

私の場合、脳内出血が発症して約2週間経った時、医師にこう告げられました。

「○○さんの右の両手足は一生動きません」と…。

それまで私は漠然とですが、必ず健康体に戻ることができると思っていました。

それは脳内出血がどんな症状を引き起こすか知らなかったからです。

そして医師に宣告を受けた時から、激しいうつ病に襲われたのです。

もう死にたい死にたいと考えてしまって、、、まさしく重度のうつ病の症状です。

実際に、同部屋の方が命を絶たれました。

この時はショックが大き過ぎて何も考えられなくなっていました。

では、何故私が自殺をしなかったのでしょうか?

やはり家族の存在が大きかったと思います。

私は脳内出血を発症した時、まだ37歳でした。

この時、すでに私には長男と長女がいました、4歳と2歳です。

死にたいという思いがある一方で、幼い子どもたちの笑顔を見ると、どうしても生きていたいという葛藤が沸き上がっていたからです。

しかも脳内出血の本を読んで、現状を把握することができたことも大きかったと思います。

「まだ私なんかラッキーな方で、重篤な方なら両手足麻痺の寝たきりで身動きできない方もいる」ことを知ったからです。

言葉は悪いかもしれませんが、私より重篤な方は大勢いることがわかって立ち直ることができたのです。

もちろん、うつ病も徐々に収まってきました。

脳内出血でうつ病を発症し自殺をしてしまう…依然として多いのは事実です。

でもうつ病を克服するには、家族のサポートが必須なのです。

大変だと思いますが、家族の助けがなければうつ病を克服することはできないと思います。

関連記事

no image

何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 ではみなさんは、本当に脳血管障害の

記事を読む

no image

脳内出血 リスペリドン ジプレキサ 使用感想

薬が合ってきたのか、そして私の心が絶対に何とかすると言った方向だからでしょうか、幻聴は私を苦しめる話

記事を読む

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

no image

脳血管障害は完治したとしても後遺症が出る恐れあり

脳内出血や脳卒中、脳梗塞など脳の病気は完治する場合とそうでない場合があります。私の場合は1度完治した

記事を読む

no image

妊娠中の脳血管障害

人間にとって一番神秘的な行動は妊娠&出産です。 そして妊娠は女性しか経験することができません。

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はありますが、数日から数週間ICU

記事を読む

no image

脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。 脳梗塞(脳血管障害)を

記事を読む

no image

何とかぎりぎりの崖っぷちを歩く感覚で一家四人で生活していました

病気の事もあり、自分の身体を優先し生活することにしました。と言うのは誰かに文句を言われていると思いこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳の健康チェック~脳ドック~

最近、健康関連の番組が人気があるようですね。 私もたまに見るんで

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑