*

若年性脳梗塞の原因と兆候

公開日: : 未分類

脳梗塞の発症を考えた時、ほとんどが高齢者に発症しているというイメージがありました。
しかし近年、中高年層の方が脳梗塞を発症していると聞きます。
実は、20歳代~45歳前後までに発症した脳梗塞を「若年性脳梗塞」と言うのです。
高齢者の脳梗塞と若年性脳梗塞には、どのような違いがあるのでしょうか(原因と兆候)。
高齢者の脳梗塞は、動脈硬化といった血管疾患(血栓)に関係しています。
若年性脳梗塞の場合、高齢者にみられる動脈硬化が原因ではなく、生活習慣病の低年齢化が大きな原因だといわれています。
(動脈硬化や心房細動の影響は少ない。)
では、若年性脳梗塞による兆候はどのような感じなのでしょうか。
兆候に関していえば、高齢者の脳梗塞の兆候とあまり変わりません。
○どちらか一方の手足に妙なしびれを感じる。
○どちらか一方の手足に力が入らなくなる(一瞬)。
○ろれつが回らない(何を話しているのかわからない)。
○急にめまいを感じて、真っ直ぐに歩くことができなくなる。
○人の話していることを、正確に理解することができない。
○利き腕がしびれて、文字が思い通りに書くことができない。
○一時的に物が見えにくくなる(物が二重に見える)。
上記に明記したような兆候が若年性脳梗塞にも現れます。
当然のことですが、これらの兆候は若年性脳梗塞の初期症状だといえます。
それ故、早急に精密検査を受けて(若年性脳梗塞の有無)、適切な処置をしなければなりません。
また若年性脳梗塞の場合、生活習慣病(動脈硬化)が原因ではなく、まったく違う病気が結果として若年性脳梗塞を発症するケースもあります。
「抗リン脂質抗体症候群といった自己免疫疾患/奇異性脳塞栓症/もやもや病」等々…。
ここ10年間で、若年性脳梗塞の患者数が1.5倍に増えているといわれています。
そして若年性脳梗塞を発症してしまうと、片側麻痺といった重篤な症状を引き起こすこともあるのです。
(生活環境は一変してしまいます。)
そうならないため、私たちはきちんとした生活習慣を実践し健康を保つ必要があるといえます。

関連記事

no image

初めての副業

アルバイト求人等々で仕事を見つけることに区切りを付けた私は、満を持してインターネットで「SOHO」検

記事を読む

no image

ある日、突然…電車内で意識を失う

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。 大阪での結婚式でし

記事を読む

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

脳血管障害と癲癇(てんかん)について

みなさんは、癲癇という病気をご存知でしょうか。 簡単にいえば癲癇とはある日突然、全身けいれん発作を

記事を読む

no image

秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月になると、朝夕の気温もぐっと下

記事を読む

no image

片麻痺によるいろいろなリハビリ法

片麻痺になって初めて行ったリハビリは、ベッドの上に20~30分間座り続けることでした。 健常者から

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

医師からの宣告

入院から14日後、初めてリハビリ担当医が私の状態をチェックするためにやってきました。 ベッドか

記事を読む

no image

脳卒中後に起こりやすいうつ病について

脳卒中を発症すると、片麻痺などの後遺症を引き起こすことは良く知られていることだと思います。 しかし

記事を読む

no image

HP作成~そして現実を直視~

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。 「○○文字程度な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 では

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑