*

妊娠中の脳血管障害

公開日: : 脳内出血体験談

人間にとって一番神秘的な行動は妊娠&出産です。

そして妊娠は女性しか経験することができません。

また女性は妊娠~出産に至るまで、身体的にさまざまなリスクを伴います。

そこで今回は、女性の妊娠と脳血管障害の関係について触れてみたいと思います。

実は女性が妊娠中をした場合、脳血管障害の危険性は3~13倍まで跳ね上がっているのです。

また妊娠中に脳血管障害を発症した場合、約25%が致死的な症状に陥ってしまいます。

では何故、妊娠中にこうした症状を発症してしまうのでしょうか?

それは妊娠期間中に、女性ホルモンの分泌が大きく変動するからです。

例えば妊娠するまで血圧が正常値だった女性が、妊娠期間中のホルモンバランスの異常によって高血圧を発症し、

それが原因で脳血管障害を発症してしまうのです。

ちなみに私の妻も第一子を妊娠した時、低血圧から高血圧になってしまい、かなりに日数を病院で過ごした経緯があります。

そして「ホルモンバランスの異常=エストロゲン」が原因になっていることがわかっています。

基本的にエストロゲンは、増えてもいけないし減ってもいけません。

〇エストロゲンの役割

「排卵を起こし妊娠を助ける・お肌の潤いを保つ・血管の柔らかさを保つ・骨を丈夫にする・脳の認知機能等々を助ける」

上記に明記したことがエストロゲンの役割になります。

そして一番支障をきたすのは、エストロゲンが減少してしまった場合です。

「皮膚を乾燥させたりシワを増やす・骨粗鬆症を発症する・認知症を併発したり膣を委縮させる」等々だけでなく

高脂血症による血管の病気を引き起こす危険性があるのです。

それが脳血管障害を引き起こしてしまうのです。。

ではエストロゲンを含む女性ホルモンを維持するために、女性は何を心掛ければいいのでしょうか?

それはバランスのとれた食生活を心がけ、なるべく数多くの食材を適量食べるようにすることです。

〇バランスよく摂取したい8つの食品群

1.肉、魚、乳製品、卵
  女性ホルモンのもとにもなるコレステロールを補うために動物性タンパク質を適量摂取する必要があります。

2.大豆食品
  エストロゲンと同じような働きをする大豆ホルモンが豊富。

3.青魚
  DHAやEPAといった、身体に重要な生理機能を持つ成分。

4.野菜
ビタミン類が豊富。

5.海藻類
 低カロリーでミネラルや無機質が豊富。

6.きのこ類
 食物繊維やビタミン・ミネラルなどがバランスよく含まれています。

7.いも類
 ビタミンやカリウム・食物繊維などが含まれています。

8.ゴマ・ナッツ類
  ビタミンB群・Eなどがバランスよく含まれています。

妊娠中の女性のみなさん、とにかく偏食せずバランスの摂れた食物を摂取してください。

そうすれば脳血管障害といった病気を抑えることができると思います。

関連記事

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら「患者にどんな後遺症があるのか

記事を読む

no image

長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組が放映されていました。

記事を読む

no image

脳血管障害や心筋梗塞に必要な水分補給

夏になると脳血管障害や心筋梗塞が発症しやすくなると言われています。 その原因の1つに「体内の水

記事を読む

no image

脳の健康チェック~脳ドック~

最近、健康関連の番組が人気があるようですね。 私もたまに見るんですが、そこで気になっているのが

記事を読む

no image

脳血管障害と異常行動について

脳血管障害(脳内出血・脳梗塞)を発症してしまうと、人によって個人差はありますが、数日から数週間ICU

記事を読む

no image

脳内出血と手術について

おぼろげですが脳内出血で倒れた後、病院に搬送され集中治療室(ICU)に運ばれました。 その時、

記事を読む

no image

母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専属のケアマネージャーも付き「要

記事を読む

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳の健康チェック~脳ドック~

最近、健康関連の番組が人気があるようですね。 私もたまに見るんで

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑