*

コロナ感染症が脳を犯している?!?(アルツハイマー病)

公開日: : 最終更新日:2023/01/02 脳内出血体験談

母親が入所している施設は今、大変な状況になっています。

もちろん施設で母親たちの面倒をみてくれている社員に、不平不満を言う気はありません。

というのも約2ヵ月前に1人の社員がコロナに感染し、それによって雪崩的に患者さんたちにも次々と感染していったのです。

幸いなことに母親は感染していませんが、10月から面会ができなくなってしまって…。

※ちなみに鳥取県は人口比率の割合から換算してみると、異常にコロナ感染者が多い状況にあります。

そんな状況が続くなか、ネット記事を読んでいて気になったことがあったので報告したいと思います。

それは「新型コロナウイルスは脳にもダメージを与えている」というものでした。

脳のダメージとは、髄膜炎や脳炎・意識障害や記憶障害、そしてアルツハイマー病にも関係しているらしいのです。

例えば山梨県に住んでいる男性の場合…

新型コロナ感染症に発症し、それによって意識を失ったまま嘔吐→その姿を家族が発見し救急車で運ばれたそうです。

そして身体をくまなく検査したところ、脳を覆う脊髄液にもコロナが感染していて髄膜炎を発症→さらに詳しく調べるため、?RIをしたところ、海馬にもコロナが感染していたというのです。

海馬とは脳の記憶に関する場所で、母親も認知症を発症した部位でもあります。

それとアメリカでも次のことが挙げられています。

現在、600万人近い患者がアルツハイマー病に悩まされていて、2060年までにはその数が3倍にも増えると予測されているみたいです。

そんなアメリカでも新型コロナ感染症が様々な分野で問題になっていて…

特に「コロナ感染症に見られる認知症的症状は、アルツハイマー病の症状と非常に似ている」という報告が!!!

事実、アメリカでは新型コロナ感染症が、どうしてアルツハイマー病のような症状を発症しているのか、科学者の間では原因究明が検討されているそうです。

このように国内外問わず多くの方が新型コロナ感染症によって、アルツハイマー病のような症状を発症している事例が多数挙がっているのです。

私の母親は今年で88歳になります。

認知症は1段階で、まだ軽度です。

しかし新型コロナ感染症に発症して、仮に認知症の等級が進んでしまったら…どうしてもそういうことを考えてしまいます。

また脳内出血を患った私も、もし新型コロナ感染症に発症してアルツハイマー病のような症状に感染してしまったら…。

「たられば」を想像してばかりでもいけませんが、身近にコロナ感染者が増え続けている状況を考えてしまうと、一抹の不安を感じてしまいます。

願うことはたった1つ…それは新型コロナ感染症が終焉することです!!!

関連記事

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら「患者にどんな後遺症があるのか

記事を読む

no image

新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に86歳で他界)。 そんな

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか機能がわかっていないともいわれ

記事を読む

no image

発症するまでは飛び切り元気で健康な身体でした

私が脳内出血を起こしたのは33歳の時です。仕事もドンドンやっていて部下もおり、家庭には1歳ちょっとの

記事を読む

no image

脳を鍛えるトレーニングについて

私人間は否応なしに、加齢とともに記憶力(脳の能力)が低下していく生き物です。 実際、私も「あれ

記事を読む

no image

脳血管障害の原因~それに伴う患者と看護師~

ここでは、改めて脳血管障害(脳梗塞)が発症した原因について考えてみたいと思います。 脳梗塞は大

記事を読む

no image

高齢者の誤嚥性肺炎について

先日(朝の10時頃)、入居している施設から電話がありました。 「急に食欲がなくなったみたいで、

記事を読む

no image

スナックで意識不明に!!!

5月2日、友だちと広島旅行へ行く前夜にスナックで飲んでいました。 私は基本的に下戸、もちろん友

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
母親の介護保険被保険者証について

母親は3年前から介護保険サービスを利用していて、その時に「要支援・要介

no image
脳内出血後の余命について

私が脳内出血を発症して、はや25年が経とうとしています。 その中

no image
友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。第二作目

先生様、アフィリエイター様…そしてまったくパソコン初心者の私のために、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。

現在、私の月収は150万円を超えています。 そして、ふと自分の人生を

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑