*

脳血管障害と認知症について(アルツハイマー型認知症)

公開日: : 最終更新日:2019/12/27 脳内出血体験談

脳血管障害は、脳の血管が詰まり出血が発症する病気をいいます。

そして脳血管障害を発症すると、脳細胞の一部が死滅することを意味します。

それによってさまざまな障害が引き起こされますが、そうした障害の1つに認知症があります(アルツハイマー)。

その認知症を「脳血管性認知症」と呼びます。

では具体的に脳血管性認知症について触れてみたいと思います。

脳血管性認知症はアルツハイマー型認知症に比べ男性の割合が高く、それは女性の2倍近くの有病率が報告されています。

また高齢者に発症すると思われていますが、若い世代にも発症が見られます。

この若い世代の脳血管性認知症は、「高次脳機能障害」と診断される場合もあります。

ちなみに高次脳機能障害の場合は機能回復の見込みが高く、脳血管性認知症は機能回復が徐々に広がっていく傾向にあります。

これが脳血管性認知症の概要となります。

次に脳血管性認知症を発症した場合の症状と進行について触れてみたいと思います。

○症状&進行として…

・記憶障害  =物忘れといった記憶の障害

・見当識障害 =時間や場所だけでなく、人物の認証がうまくできなくなる障害

・実行機能障害=物事を計画立てて順にこなすことが難しくなる障害

上記に明記した3つの障害が脳血管性認知症の主な症状になります。

またこれ以外の症状として、下記に明記する内容も含まれます。

・さまざまな症状が併発しやすい

認知症状だけでなく、運動麻痺・知覚麻痺・言語障害などの症状が伴う

・低下機能と残存機能の偏りが大きい

発症した場合、できることとできないことの差が大きくなる

・症状の変動が大きい

その時の体調によって、できることができなかったりその反対もあります

・自分自身に対する抑うつ・怒り・投げやりな態度

できること・できないことへの自覚があるため、自分の感情が全面に出てしまう

・感情のコントロールが利きにくい

さまざまな感情をコントロールしづらくなり、怒りや悲しみなどが表出しやすくなる(感情失禁)

その他にうつや無気力・妄想や幻覚・暴言や暴力などの行動といった症状に発展する可能性があります。

振り返ってみれば私は脳血管性認知症ではありませんが、過去の出来事が断片的に欠落しています。

こうしたことを防ぐには、やはり高血圧を予防することが大前提にあると思います。

何故なら高血圧をそのまま放置すれば、いずれは脳血管障害や心臓疾患を引き起こす危険性が高くなるからです。

関連記事

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかし

記事を読む

no image

脳血管障害や心筋梗塞に必要な水分補給

夏になると脳血管障害や心筋梗塞が発症しやすくなると言われています。 その原因の1つに「体内の水

記事を読む

no image

年金の裁定は本当に有難いので年金を納付することは大切です

私の場合は病気で働けなくなって収入がなくなり、どうしようかと考えていた時に障害年金を知りました。これ

記事を読む

no image

脳血管障害と緑茶&コーヒーについて

脳内出血を発症した私は、普段からブラックコーヒーを1日3~4杯飲むようにしています。 そして今

記事を読む

no image

脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけない」という動作がありました。

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そして約20年間、右片麻痺の後遺

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じる疾患を脳血管障害といいます。

記事を読む

no image

脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら「患者にどんな後遺症があるのか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳の健康チェック~脳ドック~

最近、健康関連の番組が人気があるようですね。 私もたまに見るんで

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑