*

脳内出血の患部を外科手術でもってして最悪の事態は失せました

公開日: : 脳内出血体験談

脳外科手術をしましたが、この時点では幸い脳梗塞のように麻痺が残ったと言う事はなく目が依然としておかしくモノを見る場合サングラスが必要でした。又体温が私の場合で36度台で収まっているのが37度以上を超えて高い水準で推移していました。

 

とにかく仕事には復帰したのですが、上手くいかず退職と言う事になり、1年間くらいの金銭的な蓄えはありましたので、リハビリをしようと考えました。妻と2人3脚で子供を育てつつリハビリをする事にしたのです。何をしたかですがこれは非常に単純です。

 

妻と子供と3人で散歩をしたのです。手術後はフェノバールの粉を飲んでいました。それで3人で市内を天候に関わらずずっと歩いていました。身体が慣れて来ると1人で歩き、距離を増やしました。

 

膝はしびれたりチクチクした痛みがありますし、歩いている途中でもめまいが起きた事もありました。朝の9時から夕方の5時くらいまでゆっくりと歩いていたのです。雨の日もギラギラ太陽のもとでも歩いていたのです。

 

半年ほど続けていますと驚く事に体温が平熱になってきたのです。36度少しになってきました。めまいもありません。ただ右足の親指とその隣の指のしびれは治りませんでした。目は相変わらずちょっと目つきが悪く思えるのでセルロイドの眼鏡をかけて歩きました。

 

新しい仕事に就くまでにリハビリに半年かかりました。その後脳の正中の患部をガンマーナイフで放射線治療をしかけたのですが上手くいかず、私の住む近くの国立大学病院を紹介してもらいリニアックナイフと言う国産の器具で放射線を使いました。

 

24グレイで焼いて病巣を消滅させる事になりました。これは直ぐに治療結果は解らず何年かかけて消えていきます。私の場合は6、7年くらいかかったのではないのでしょうか。幸い就職出来たので次男も生まれ、ちゃんと給料とボーナスもあり生活出来た訳です。

 

ここで喫煙と脳の病気ですが、私はよくタバコ吸うので脳に良くないと皆さん言われます。ひょっとしたら喫煙が原因で脳に影響を与えたのかもしれないのです。脳梗塞との関係はいろいろ言われますがタバコを吸えば血管が収縮します。

 

動脈硬化を引き起こしてしまいますし血中のニコチンは血管を傷つけ動脈硬化の血栓を作ることにもなります。ひょっとしたら外科的手術で取り除いた奇形の血管や良性腫瘍も確かにその通りでもタバコや脂系の食べ物の遠因があるかもしれないと思うのです。

もう20年以上前の話ですから何とも言えませんが私は顔によく皮脂がたまっていたりしていましたから脂っこい血管になっていたのかもしれません。今はそう言う事はなくきれいな肌と言われるので、もしかしたらもしかするぞ。と思うのです。

 

筋肉トレーニングをしたりしていたのにジュースの瓶の箱を2ケース持ったくらいでは血管が破裂することなどないのではと思うのです。

 

と言う事は毎日あぶらっこいものを食べてタバコを吸っていると動脈硬化となり血栓を作り、脳の血管を詰めてしまう事になりやすいのではないかとも思えます。そして身体にと言うより血管に異常をきたし、最後には血管をつめてしまう事になります。

 

そう言う生活は案外身体に負担がかかるのではないかと考えてしまうのです。

脳梗塞の時にも身体自体が発症しやすい事になっていますと危険ですので急激な温度、頭に血が上ると言ったように落ち着くところは精神的に落ち着いて精神科の受診も必要かもしれません。人によっては精神安定剤も効き目があると思います。

関連記事

no image

新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に86歳で他界)。 そんな

記事を読む

no image

脳血管障害は完治したとしても後遺症が出る恐れあり

脳内出血や脳卒中、脳梗塞など脳の病気は完治する場合とそうでない場合があります。私の場合は1度完治した

記事を読む

no image

脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。 この働き方改革法案の意味す

記事を読む

no image

脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じる疾患を脳血管障害といいます。

記事を読む

no image

大脳・脳幹・小脳

私たち人間の脳は「大脳・脳幹・小脳」の3つで構成されています。 その中で大部分を占めているのが

記事を読む

no image

脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。 その当時ままだ、「脳血管障害=

記事を読む

no image

血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。 2020年1月に認知症を

記事を読む

no image

MRIとCTの違い(重要性について)

今年の3月、小学校からの幼馴染が会社の健康診断を受けたんだけど…後日、思わぬことが…。 それは

記事を読む

no image

日常生活やリハビリ運動を阻害する「クローヌス」

脳内出血で倒れて、しばらくしてから本格的にリハビリ専門病院でリハビリテーションをしました。 そ

記事を読む

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
漢方薬の睡眠剤と睡眠を促進する薬について

施設に入所している母は、今年で90歳になります。 気付いたら施設

no image
MRIとCTの違い(重要性について)

今年の3月、小学校からの幼馴染が会社の健康診断を受けたんだけど…後日、

no image
母親の介護保険被保険者証について

母親は3年前から介護保険サービスを利用していて、その時に「要支援・要介

no image
脳内出血後の余命について

私が脳内出血を発症して、はや25年が経とうとしています。 その中

no image
友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう
PAGE TOP ↑