*

脳血管障害と労働時間の関係性について

公開日: : 脳内出血体験談

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

この働き方改革法案の意味することは、次の通りです。

「長時間労働の常態化やそれに起因する過労死を防ぐ」ことです(他にもいろいろあります)。

何故私が働き方改革法案に着目したかというと、ある事柄と密接な関係があるからです。

それは「脳血管障害と労働時間の関係性」です。

実はある2つの学会の研究発表によると、「労働時間が週に55時間以上の人は、脳卒中や心筋梗塞の発症リスクが高い」という統計が発表されているのです。

※長時間労働→ストレス過多→生活習慣病の悪影響→脳血管障害

実はこの研究発表は、英国のユニバーシティーカレッジロンドンのミカ・キビマキ教授(疫学・公衆衛生)らによって発表されたものです。

これは52万8,908人の対象者を約7.2年間追跡調査した結果です。

「週55時間以上働く人は、通常勤務の人に比べて脳卒中のリスクが33%上昇」すると示されたのです。

つまり勤務時間(労働時間)が長くなればなるほど、脳血管障害の発症率が高まると…。

さらにもう少し詳細にデータを示してみます。

通常勤務をする人を基準にした場合、「週41~48時間のオーバーワーク→脳血管障害が10%上昇/週49~54時間のオーバーワークで脳血管障害が27%の上昇」という発症率を表しているのです。

もちろんそうしたオーバーワークの他に、「喫煙・アルコール摂取・高血圧・高コレステロール・運動不足」などを考慮しれば、さらに発症率が高まることは周知の事実と…。

それともう1つの研究結果として、「欧州・米国・オーストラリア」の研究結果を解析したものもあります。

60万3,838人を平均8.5年間追跡調査した結果、冠動脈疾患の発症のリスクが「週55時間以上働く人→週35~40時間の通常の勤務時間の人々に比べて13%高い」ことが明らかになりました。

このような研究結果が出ているとしても、「労働時間の超過と脳血管障害の発症リスクを上昇させるメカニズム」には、以前として不明な点が多いのも事実です。。

しかし長時間の労働によるストレスと、それによって引き起こされる喫煙・飲酒などの不健康な習慣、さらにデスクワークからくる運動不足が、リスクを高めているのは疑うべきもありません。

そして日本の産業医や保健指導者は、次のように進言しています。

「長い時間働くことが、脳卒中や心筋梗塞などの冠状動脈疾患の発症リスクを高めることを知っておくべきだ」と…。

私はある意味、労働時間の超過と喫煙やアルコール等々によって脳内出血を発症したのかもしれません。

もし「働き方改革法案」が、30年前に施工されていたら…それでも脳内出血を発症したかもしれません(運命として)。

関連記事

no image

脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら「患者にどんな後遺症があるのか

記事を読む

no image

脳内出血後に自身の身体で変化した事は何か

私が脳内出血を起こして、医者は麻痺が残ったり動けなくなるかもしれないとして経過を見ていました。脳梗塞

記事を読む

no image

長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組が放映されていました。

記事を読む

no image

脳血管障害と緑茶&コーヒーについて

脳内出血を発症した私は、普段からブラックコーヒーを1日3~4杯飲むようにしています。 そして今

記事を読む

no image

脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけない」という動作がありました。

記事を読む

no image

脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。 脳梗塞(脳血管障害)を

記事を読む

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
妊娠中の脳血管障害

人間にとって一番神秘的な行動は妊娠&出産です。 そして妊娠は女性

no image
脳内出血と手術について

おぼろげですが脳内出血で倒れた後、病院に搬送され集中治療室(ICU)に

no image
脳血管障害や心筋梗塞に必要な水分補給

夏になると脳血管障害や心筋梗塞が発症しやすくなると言われています。

no image
脳血管障害と緑茶&コーヒーについて

脳内出血を発症した私は、普段からブラックコーヒーを1日3~4杯飲むよう

no image
何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 では

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑