*

母がグループホームに入所しました。

公開日: : 脳内出血体験談

ケアマネージャーや家族や親族の助言によって、母をグループホームに入所させることになりました。

この助言はすべて私のためだと思っています。

始めは「俺一人でも絶対に認知症の母親を介護できる」と思っていたのですが、なんてことはないストレスから私が脳梗塞になってしまったからです。

※私の身体が第一だと思っての助言に他ありません。

では実際に母をグループホームに預けて、何がどう変わったのでしょうか?

まず私自身がストレスフリーになりました。

考えてみれば母と一緒に同居している時は、毎晩のように徘徊がありました。

夜中2~3時起きて玄関を開ける(5つの施錠もクリア)。

でもって長い時は1時間以上徘徊…右片麻痺の私はジッと玄関先で待つことしかできませんでした。

※母は認知症でしたが、身体はすごく元気でした。

もちろん待っている時間も、それ以降も寝ることができなくなっていました。

睡眠時間が2~3時間の毎日、さらにストレスが加速し母親を恫喝するようになる私。

※母は耳を遠かったため、いつのまにか大声をあげなければいけない状況になっていました。

母がグループホーム入所してから、私のストレスは一切なくなりました。

睡眠時間も5~6時間しっかり寝れるようになって!

そして母への態度も大きく変わったような気がします。

今はコロナで直に面会することはできませんが、ビデオ通話で母と話すこともできています。

週3~4回ぐらい会いにいって、おやつ等々も預けています。

母への態度、それは以前の私のように優しく普通に接することができるようになったことです。

それと徘徊もできなくなったので、事故を心配する必要もなくなりました。

※100m先に海岸もあり、「海に落ちたらどうしよう!」という思いも常にりましたから…。

また母から言わせれば、「すぐ近くに家があるのになんでお金を払ってここに住まないといけないのか?」という疑問があったみたいです。

初日に帰宅しようする私に、「○○がここに泊まって私が家で寝る」とも言っていました。

多分、数日したらそれも忘れてしまっていると思います。

認知症の介護の現実を知らない人にとっては、両親をグループホームに預けること自体に疑問を感じる人もいるかもしれません。

まさしく倒れる前の私がそうでした。

でも認知症の介護は自分一人では絶対に無理なんです(断定するわけではありませんが)。

私が書いているブログを読んでくれているなら、介護の厳しさを受け入れてほしいと思っています。

ちなみに脳梗塞で倒れた私ですが、同居する前はなかった動脈瘤も検査によって発見されました。

まだ2mm程度の大きさで、先生いわく「様子をみて大きくならなかったらそのままで、大きくなっているなら手術」と言われています。

関連記事

no image

脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。 しかし時間や経済的に余裕がな

記事を読む

no image

小脳の脳梗塞を発症

2021年8月30日…小脳の脳梗塞を発症してしまいました。   はじめて脳内出

記事を読む

no image

高齢者の誤嚥性肺炎について

先日(朝の10時頃)、入居している施設から電話がありました。 「急に食欲がなくなったみたいで、

記事を読む

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

脳血管障害とストレスの関連性について

ストレスが蓄積することによって、心身の健康が蝕まれるのは周知の事実です。 ではどのようにして、

記事を読む

no image

脳を鍛えるトレーニングについて

私人間は否応なしに、加齢とともに記憶力(脳の能力)が低下していく生き物です。 実際、私も「あれ

記事を読む

no image

脳に損傷を受けた場合脳波を調べます

脳内出血をし、そして外科的治療を施した場合、気になるのは脳波です。外見上全く普通に見えたとしても、脳

記事を読む

no image

脳内出血を起こし脳神経内科に入院する事に

市立中央市民病院で、CT上に脳内出血が認められた私は即座に脳神経内科に入院となりました。そしてベッド

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

no image

大脳・脳幹・小脳

私たち人間の脳は「大脳・脳幹・小脳」の3つで構成されています。 その中で大部分を占めているのが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


no image
脳内出血を発症して23年の月日が経とうとしています…

私は37歳の時に脳内出血を発症し、気付いたら23年も経っていました(今

no image
高齢者の誤嚥性肺炎について

先日(朝の10時頃)、入居している施設から電話がありました。 「

no image
私が手術を受けた開頭血腫除去術について…

さかのぼる事、1997年3月13日、脳内出血で倒れた私は大阪の日本橋病

no image
認知症が中~後期になると、どんな症状を引き起こすの?

認知症が中期症状になったら、いったいどのような状態を引き起こすのでしょ

no image
脳血管障害の原因~それに伴う患者と看護師~

ここでは、改めて脳血管障害(脳梗塞)が発症した原因について考えてみたい

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑