*

脳卒中後に起こりやすいうつ病について

公開日: : 未分類

脳卒中を発症すると、片麻痺などの後遺症を引き起こすことは良く知られていることだと思います。
しかし、脳卒中によって片麻痺以外の病気を併発することがあるのをご存知でしたでしょうか。
それが「うつ病」です。
事実、脳卒中を発症した患者さんの20~40%が、うつ病を発症しています。
どうして脳卒中を発症した後、うつ病を併発してしまうのでしょうか。
それにはさまざまな要因が考えられます。
○今まで当たり前のように動いていた身体の機能が動かなくなることで、当たり前の生活ができなくなったことによる苛立たしさ。
○生活上の要因(療養環境や介護者との関係)。
○社会的要因(職場復帰ができるかどうかといった問題)。
上記に明記した要因が重なり合って(ストレス)、気付かないうちにうつ病を発症してしまうのです。
また脳卒中を発症した後のうつ病は、気付かれにくい傾向にあります。
何故なら、脳卒中という重大な病気を発症したことによる心理的反応だと考えられてしまうからです。
生きる意欲の減退/活動意欲の減退」が一過性のことであれば、別に問題はありません(すぐに正常な思考能力に戻るからです)。
しかしそうした気持ちがずっと続くようであれば、うつ病に対して早く対処しなければなりません。
さらにうつ病を放っておくと、リハビリテーションの阻害要因になってしまいます。
「リハビリテーションの阻害要因 → 社会復帰をしようとするやる気を失ってしまうことは、回復を遅らせるだけでなく生活の質を低下させる。」
これが、脳卒中から発症するうつ病の要因です。
脳卒中を発症すれば、片麻痺だけでなく言語障害を引き起こすこともあります。
そうなると、うつ病を見極めるのはさらに難しい状況になります。
どちらにしても脳卒中を発症したことによって、患者さんは精神的不安が増幅します。
そうした気持ちは、患者さんにしかわからないことだと思います。
ある意味、うつ病は非常に危険な病気であることをわかって頂きたいと思います。

関連記事

no image

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(

記事を読む

no image

データ入力

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。 「このたびは本当にあり

記事を読む

no image

人生観を変えたリハビリ病院

ここではリハビリ専門病院のことにつて、詳しく書こうと思います。 そのリハビリ専門病院の患者のほ

記事を読む

no image

脳血管障害の主な治療法~血管内治療~

ここからは参考までに、脳血管障害(脳梗塞/脳内出血)の治療方法について具体的に触れておこうと思います

記事を読む

no image

情報商材に出会う

数少ない副業業務が終われば、あとの時間はインターネットで検索する日々…「何か身になる情報はないだろう

記事を読む

no image

障害者の仕事と収入を考えてみる

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常

記事を読む

no image

脳梗塞の最先端治療~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法

脳血管障害は、「脳血管に血栓が詰まる脳梗塞/脳血管が破裂する脳卒中/脳血管にできたコブが破れるくも膜

記事を読む

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

no image

資格をもとに近所のアルバイトを応募~どうしようもない挫折感~

毎日の日課である1時間の散歩の途中に見つけたアルバイト求人…。 新聞の折り込み欄や広告に掲載さ

記事を読む

no image

障害者雇用と企業側の本音と現実

私は会社で働きたいという意思を持っていたのにも拘わらず、すべての会社から断られました。 それでかな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑