*

1週間のICU治療

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

みなさんはICU(集中治療室)をご存知でしょうか。

[ICU…重篤な急性機能不全の患者の容態を24時間体制で管理することによって、より効果的な治療を行う場所をいう。]

妻に聞いたところ、私は1週間、ICUで生死の境を彷徨っていたそうです。

そして、妻は担当医からこう告げられていたそうです。

「何とか命はとりとめることはできると思いますが、身体に重篤な麻痺を残すことになると思います。」

担当医に言われた重篤な麻痺とは、右片麻痺で言語障害(言葉が話せない)…そして、将来的に寝たきり状態…。

そのように告げられた妻の感情は、どれほど心労が溜まったか想像だにすることができません。

そして私自身、ICUではまったく意識はなかったのですが、家族が話しかけると目を開けて何か話そうとしていたそうです。

急きょ、私の両親も大阪から離れている故郷から駆け付けたそうです。

またこれもあとから両親から聞いた話ですが、右片麻痺を発症したため、右半分の身体の筋肉すべてがダランと垂れてしまっていたそうです。

それがわかる顕著な部分は顔だったそうです。

まぶた・頬肉も垂れ下がり、家族以外の誰にも見せられないほどおぞましい顔になっていたそうです。

事実、幼少の2人の子どもたちは私の顔が元に戻る数週間、病院には来なかったそうです。
(※顔の表情は動かし続けることによって、元の表情に戻ります。)

このようにICUの1週間、私は意識がなかったため、自分の現状を知る由もありませんでした。

しかし意識が目覚めICUから一般病棟(6人部屋)に変わった瞬間から、自分の意識が徐々にではありますが蘇ってきました。

そして意識の蘇りが、それから数年間続く自分(家族)の葛藤の始まりだったのです。

・不自由な自分の身体…
・会社都合によって退職することで、収入がなくなる(仕事がなくなる)…
(※ちなみに現在の私の症状は、理学療法士・作業療法士による訓練によって右片麻痺でありますが、歩くことも話すこともできます。)

関連記事

no image

今後の生き方を考えてみる…

私は脳血管障害(脳内出血)を発症し右片麻痺という障害を持って以来、一番充実した日々を過ごしています。

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

医師からの宣告

入院から14日後、初めてリハビリ担当医が私の状態をチェックするためにやってきました。 ベッドか

記事を読む

no image

脳梗塞の滑舌のトレーニング(ボバーズ記念病院)

脳梗塞(脳内出血)になってしまうと、言語機能障害を発症する可能性があります。 例えば右片麻痺になっ

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

脳血管障害~自覚症状~

脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血…時と場合によって、命を落とす危険性もあるこられの症状を「脳血管障害」

記事を読む

no image

ネット副業という仕事があって、本当に良かった!

自分自身で健康管理をないがしろにした結果、30歳代という若さで右片麻痺を発症してしまった私も、すでに

記事を読む

no image

私が経験した脳内出血の治療方法について

倒れた瞬間から意識が無くなった私ですが、ICU(集中治療室)を出て一般病棟に移った頃からの治療方法に

記事を読む

no image

初めての副業

アルバイト求人等々で仕事を見つけることに区切りを付けた私は、満を持してインターネットで「SOHO」検

記事を読む

no image

自暴自棄

リハビリ担当医から宣告された「もう右手右足は動かない」という現実を突きつけられて以来、数週間、私の精

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳を鍛えるトレーニングについて

私人間は否応なしに、加齢とともに記憶力(脳の能力)が低下していく生き物

no image
アルツハイマー病へ希望の光!!!

認知症の患者が家族の中にいる方にとって朗報な話があります。 アメ

no image
傷付いた脳は回復する!?!~脳に秘められた回復力~

バイクに乗っている人は必ずヘルメットを装着しています。 それはヘ

no image
若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳

no image
脳が喜ぶ生活習慣について

いくつになっても頭が元気な方もいれば、50~60歳代で認知症を発症して

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑