*

片麻痺に負けない人生を送る

公開日: : 未分類

確かに脳血管障害で倒れて、気が付いた時は入院で寝たきり~自分自身の身体がどうなっているのかさえもわからなかった~。
そんな人に対して(自分自身も含め)、「片麻痺に負けない人生を送る」と言われてもピンとこないと思います。
しかし私は片麻痺にはなりましたが、有難いことに目立った後遺症はそれだけでした。
脳自体が膨張し思考能力もなかった私は、入院生活が長くなるにつれて、ある意味自分自身の人生におけるポジショニングがわかってきました。
もちろん、それは悲観的なポジショニングです。
「会社は辞めてないといけないだろう。この先、家族がいるのにどのように生活をすればいいんだろう。」
それでも、確実に人生は過ぎていくわけで…。
「片麻痺に負けない人生を送る」~確かに現況は、そうなっていると思います~そうなるように努力をしています。
しかしそう思えるまで、幾年月を要したでしょうか~さまざまな紆余曲折を経て、今の自分がいるのです。
そして何よりも、家族の手助け(=思いやり)が無ければ、こうした考えを持つこともなかったと思います。
また男子たるものという言葉は使いたくありませんが、やはり仕事においてネット副業に出会えたことも、私にとって大きな支えとなりました。
もちろん当初は「これも良い!あれも良い!」状態で、情報商材を購入し続け~その結果、大損害を被りました(=私にとっては大金)。
しかしその中でも自分のためになる情報商材に出会えた結果、自分自身のネット副業に対する間口が増えたのも事実です。
既に中年を迎えている私ですが、自分自身の伸びしろはまだまだあると信じています。
そしてその伸びしろを信じることが、「片麻痺に負けない人生を送る」ことだと思っています。

関連記事

no image

脳血管障害が再発しないための薬について

脳血管障害を発症してしまうと、再発しないようにするためさまざまな薬剤を飲むことになります。 そして

記事を読む

no image

脳梗塞が起こりやすい季節

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。 そして、脳梗塞の患者は約80万

記事を読む

no image

脳血管障害と癲癇(てんかん)について

みなさんは、癲癇という病気をご存知でしょうか。 簡単にいえば癲癇とはある日突然、全身けいれん発作を

記事を読む

no image

仕事に復帰できると信じていた…

私は自分自身の中で意識が明確になればなるほど、ある不安がよぎり始めていました。 それは、一向に

記事を読む

no image

家族が脳血管障害を発症したら…

もし家族が脳血管障害を発症したら…正直、ゾッとします。 何故なら、自分と同じような人生を送ることに

記事を読む

no image

脳血管障害の後遺症について

脳梗塞や脳内出血といった脳血管障害を発症してしまうと、さまざまな後遺症に苦しめられることになります。

記事を読む

no image

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

no image

改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出血などによって身体に障害を発症

記事を読む

no image

人生観を変えたリハビリ病院

ここではリハビリ専門病院のことにつて、詳しく書こうと思います。 そのリハビリ専門病院の患者のほ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑