*

MRI検査をする理由について

公開日: : 未分類

初めて私がMRI検査を受けたのは、脳内出血で倒れた時だと思います。

もちろんその時は意識不明で、何をどうされたのかまったく記憶にありません。

そして意識が戻った時、医師からMRI検査で分かったことを教えられました。

脳のレントゲンを見せられ、「白くなっている部分があるでしょ。この部分が脳内出血を発症したところです」と…。

本当に真っ白で、改めて脳内出血があったことを自覚させられた瞬間でした。

ということで今回は、MRI検査をする重要性(理由)について触れてみたいと思います。

まずどのような時にMRI検査を受けた方がいいのでしょうか。

医師は脳血管障害の可能性があると思われる患者に対して、MRI検査をする権利(義務)があります。

その他にも「めまいやふらつき・片頭痛」といった症状がなかなか治らない場合、個々でMRI検査を受けることもできます。

また「今は特に症状はないが、念のためにMRI検査を受けたい」という人が増えています(脳ドック検査)。

このようにちょっとした症状から重篤な症状に至るまで、いろいろなシチュエーションでMRI検査を受けることができます。

ちなみに50歳を過ぎたら、一度は脳ドックをすることをお勧めします。

何故なら自分自身で気付かない脳の病気を発症している危険性があるからです。

例えば「手足が震える・ろれつが回らなくなる・激しい頭痛・首の痛み」等々を感じた場合は、特にMRI検査を受けるべきだと思います。

次にMRI検査を受けることによって、どのようなことがわかるのかに触れてみたいと思います。

脳内出血や脳梗塞はもちろんのことですが、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤や過去に自分が気づかないうちに起こした無症候性の梗塞や出血も見つかることがあります。

※無症状の脳梗塞は要注意が必要です。小さな出血だったから気付かなかったに過ぎないからです。

「脳ドックなんて受けなくても平気だ!」と考えている中高年は、以前として多い傾向にあると思います。

しかし脳内出血や脳梗塞を起こしてしまった人から言わせると、愚の骨頂な考えだと…。

何故なら普通の病気なら手術をして完治することができますが、脳に関する病気の場合、非常に怖い後遺症という代償を負うことになるからです。

右片(左方)片麻痺になってしまう自分を想像してみてください。

本当に自分の人生が一変します。

そして後に残るのは後悔だけだからです…。

是非、みなさんもMRI検査を受けてみてください。

関連記事

no image

脳梗塞の最先端治療~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法

脳血管障害は、「脳血管に血栓が詰まる脳梗塞/脳血管が破裂する脳卒中/脳血管にできたコブが破れるくも膜

記事を読む

no image

1週間のICU治療

みなさんはICU(集中治療室)をご存知でしょうか。 妻に聞いたところ、私は1週間、IC

記事を読む

no image

ネット副業のご相談承ります。

・ライティング業務 ・こちらのビジネス ・情報商材の販売 ・その他のビジネス 全て含めて

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

ネットビジネスで収入を得た

意を決して、私は先生様のサイトへ応募しました。 (※ちなみに私は東京在住でなかったため、出張という

記事を読む

no image

改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出血などによって身体に障害を発症

記事を読む

no image

脳血管障害~後遺症の回復は長期戦~

脳血管障害による片麻痺後遺症を発症。 治療が終わり次第、すぐにリハビリに取り掛かるわけですが、その

記事を読む

no image

障害者雇用と企業側の本音と現実

私は会社で働きたいという意思を持っていたのにも拘わらず、すべての会社から断られました。 それでかな

記事を読む

no image

残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

副業で稼げる方法をお渡しします。 残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

記事を読む

no image

脳血管障害発症後に起こる異常行動について

脳血管障害を発症した場合、さまざまな苦境が待ち受けていることを、もっと多くの人が知るべきだと思います

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳

no image
脳が喜ぶ生活習慣について

いくつになっても頭が元気な方もいれば、50~60歳代で認知症を発症して

no image
脳梗塞は完治する病気へ変わり始めている

私が脳内出血を発症したのが、今から24年前の1997年です。。

no image
MRI検査をする理由について

初めて私がMRI検査を受けたのは、脳内出血で倒れた時だと思います。

no image
脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑