*

資格を目指す

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

今でこそテレビのCM等々で頻繁に流れている生涯学習のユーキャン…。

そのユーキャンに代表されるように「資格を取ろう」という主旨が全国的に広まっていますが、私が脳血管障害(脳内出血)を発症した1999~2000年当時は、まだそうした生涯学習が広まっていませんでした。
(※ちなみに発症して6ヶ月が経過した時、予定通りというか会社都合にしてもらい退職をしています。)

私はインターネットで文字入力練習をすると同時に、yahoo等々で様々なニュースをくまなくチェックしていました。

そうした記事の中で、たまたま「資格を目指す」検索ワードを見つけたのです。

そして「頑張れば資格を取得することによって、社会復帰ができるかもしれない。」と考えたのです。

事実、様々なインターネットの記事を読んでいると「需要がある資格を取得すれば、社会復帰できる可能性が高まる。」と記載されていました。

そこで私はインターネットを通じて、2つの資格を…そして、これからもっと需要が高まると思っていたことを実践しました。

○2つの資格…それは「医療事務講座」と「テープリライト講座」
○高まる需要を考えて…「(パソコン)mos検定試験」

3つの資格を取得するため、私は必死に勉強しました。

そして半年後、なんとかすべての資格を取得することができたのです。

確かにこの半年間、目標とする「資格取得」があったからこそ、自暴自棄にもならず一生懸命努力することができたのですが…。

そしてこれらの資格を取得したという(ちっぽけな自信と期待)を胸に引っさげて、次の行動を実践することにしました。

それは、家の近所のアルバイトに応募することでした。

 

関連記事

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

そして、自分の意識が鮮明に蘇る

1週間に及ぶICU(集中治療室)による治療によって、「ようやく脳の肥大がおさまった」ことで、私は一般

記事を読む

no image

ネットで副業(SOHO)を知る

アルバイト求人でさえすべて断られた現実を直視しながらも、それでも私は数少ない求人に応募し続けていまし

記事を読む

no image

脳血管障害の主な治療法~血管内治療~

ここからは参考までに、脳血管障害(脳梗塞/脳内出血)の治療方法について具体的に触れておこうと思います

記事を読む

no image

HP作成~そして現実を直視~

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。 「○○文字程度な

記事を読む

no image

脳血管障害の後遺症について

脳梗塞や脳内出血といった脳血管障害を発症してしまうと、さまざまな後遺症に苦しめられることになります。

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

家族が脳血管障害を発症したら…

もし家族が脳血管障害を発症したら…正直、ゾッとします。 何故なら、自分と同じような人生を送ることに

記事を読む

脳血管障害~自覚症状~

脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血…時と場合によって、命を落とす危険性もあるこられの症状を「脳血管障害」

記事を読む

no image

ある日、突然…電車内で意識を失う

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。 大阪での結婚式でし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

no image
母が脳梗塞を発症しました

2020年1月31日、母が変なことを言い出しました。 朝7:30

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑