*

脳血管障害を発症した芸能人

公開日: : 未分類

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。
もちろん、それは芸能人も例外ではありません。
この項では、脳血管障害を発症した芸能人について触れてみたいと思います。
○磯野貴理子さん…
2014年、タレントの磯野貴理子さんは旦那さんの緊急対応で病院へ搬送され~脳梗塞と診断され緊急入院。
同年12月、早期治療によって体調が回復し仕事復帰を果たしました。
○米良美一さん…
2014年、カウンターテナー歌手の米良美一さんはくも膜下出血で意識不明となって救急搬送される。
2015年になっても意識が戻らなかかったのですが、水筒症の後遺症を取り除く手術をした後意識を取り戻す。
現在、実家の宮崎にて歩くリハビリを行っています。
○麻木久仁子さん…
麻木さん48歳の時、「不意に右足と右手が、ジーンと細かく震え始めた。」そうです。
それから数日後、「帰宅して、キーを鍵穴に入れようとしても入らない。」ことに違和感を覚え病院に行ったところ、脳梗塞と診断される。
早期発見のため、約3ヶ月で病状も回復したそうです(後遺症もなし)。
ちなみに、今でも薬は飲み続けているそうです。
(その後、麻木さんは乳がんも発症したそうです。ステージ1だったことから、薬と放射線で完治したそうです。)
○椿鬼奴さん…
某テレビ番組で、小さな脳梗塞の発症歴が見つかる(=若年性脳梗塞)。
○大橋未歩さん…
2013年、テレビ東京の大橋未歩アナウンサーは軽度の脳梗塞を発症し療養することに。
今では脳梗塞も完治し、仕事復帰を果たしています。
(大橋未歩さんも若年性脳梗塞です。)
○西城秀樹さん…
歌手の西城秀樹さんは、2003年と2011年の2回にわたり脳梗塞を発症しています。
現在は手足の後遺症麻痺や言語障害があるにも拘わらず克服して、コンサートなど精力的に活動を行っています。
(ちなみに西城さんは1回目の脳梗塞で煙草を辞め、アルコールも控え栄養バランスを考えた生活をしていたようですが、2回目の脳梗塞を発症しました。)

関連記事

no image

脳血管障害の主な治療法~血管内治療~

ここからは参考までに、脳血管障害(脳梗塞/脳内出血)の治療方法について具体的に触れておこうと思います

記事を読む

no image

初めての副業

アルバイト求人等々で仕事を見つけることに区切りを付けた私は、満を持してインターネットで「SOHO」検

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

人生観を変えたリハビリ病院

ここではリハビリ専門病院のことにつて、詳しく書こうと思います。 そのリハビリ専門病院の患者のほ

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出血などによって身体に障害を発症

記事を読む

no image

医師からの宣告

入院から14日後、初めてリハビリ担当医が私の状態をチェックするためにやってきました。 ベッドか

記事を読む

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

私が経験した脳内出血の治療方法について

倒れた瞬間から意識が無くなった私ですが、ICU(集中治療室)を出て一般病棟に移った頃からの治療方法に

記事を読む

no image

資格を目指す

今でこそテレビのCM等々で頻繁に流れている生涯学習のユーキャン…。 そのユーキャンに代表される

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑