*

資格をもとに近所のアルバイトを応募~どうしようもない挫折感~

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

毎日の日課である1時間の散歩の途中に見つけたアルバイト求人…。

新聞の折り込み欄や広告に掲載されているアルバイト求人情報…。

私はちっぽけな自信と期待が不安感に変わらないうちに、とにかく自分にできそうなアルバイトを応募し続けました。
(※そして私にとって、「医療事務の資格を取得したのだから、絶対に何かあるはずだ。」とも考えていました。)

一生懸命左手で履歴書を書いて、アルバイトを募集している会社に送付。

しかし1週間経っても、一向に連絡が来ない…気が焦って電話で確認を取ると、「申し訳ございません。弊社が希望しているのは女性でして…。」

実は、応募した会社のほとんどが断る理由として「女性採用」だったのです。

私はこう思いました…「アルバイト求人にはそういうことは記載されてなかったじゃないか!」…

また履歴書を送付しても返事が来ないなら、じかに履歴書を渡しにいこうと思い飛び込みで応募を受けました。
(※とにかく無我夢中というか必死に応募して、面接までこぎつければなんとかなると考えていました。)

今でも忘れることはできません…結局、2週間で10社応募したのですが…すべて体(てい)の良い理由で断られました。

私はこの時、改めて自分の立場を痛感したのです。
「私は健常者でなく障がい者なんだ。」と…。

どんなに働く意思があったとしても、会社はそういう観点をチェックしない…もっというなら、障害を持った人に何ができるんだ…。

脳血管障害(脳内出血)で倒れて入院していた頃、漠然とながら「これからどうやって家族を養っていけばいいんだ。」と考えていました。

しかし、「なるようになる!」とも思っていた自分がいました。

そして今、アルバイト求人で応募するもことごとく断られる現実(どうしようもない挫折感)…。

目の前が真っ暗になりました。

意気揚々と就職活動に向けて頑張っていた数ヶ月間…私は何のためにしていたのだろう…。

どれだけ良い大学を出たか、どれだけ大手企業に勤めていたかなんて、障害を持ってしまうと関係ありません。

私の脳裏に、また自暴自棄になってしまった日々が蘇ってきました。

関連記事

no image

ネット副業のご相談承ります。

・ライティング業務 ・こちらのビジネス ・情報商材の販売 ・その他のビジネス 全て含めて

記事を読む

no image

脳血管障害に欠かすことができない画像診断~CTスキャン~

脳血管障害の有無をチェックする場合、必ず行われるのは画像診断(CTスキャン)です。 CTスキャンは

記事を読む

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(

記事を読む

no image

片麻痺によるいろいろなリハビリ法

片麻痺になって初めて行ったリハビリは、ベッドの上に20~30分間座り続けることでした。 健常者から

記事を読む

no image

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階

記事を読む

no image

HP作成~そして現実を直視~

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。 「○○文字程度な

記事を読む

no image

障害者の仕事と収入を考えてみる

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常

記事を読む

no image

データ入力

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。 「このたびは本当にあり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

no image
母が脳梗塞を発症しました

2020年1月31日、母が変なことを言い出しました。 朝7:30

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑