*

そして、自分の意識が鮮明に蘇る

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

1週間に及ぶICU(集中治療室)による治療によって、「ようやく脳の肥大がおさまった」ことで、私は一般病棟(6人部屋)へ移ることになりました。

といっても最初の2~3日は、ほとんど寝てばかりだったような気がします。

その後、妻や親族が代わる代わる付き添いとして夕方まで一緒にいてくれました。

しかし、当時の私は最悪でした。

とにかく話しかけてくるすべての人に対して、汚らしい言葉で文句ばかり言っていたそうです。
(しかもろれつが回ってなく、半分何を言っているのかわからない。)

ちなみにこの症状は、脳血管障害を発症した人は誰でも通る道で、脳が正常になるにつれて思考回路も正常に戻ります。

そしてICUから一般病棟へ移って10日程度経過したあたりから、ようやく自分自身の置かれている現状を把握できるようになってきました。

○右手右足が思うように動かない…
でも今は思うように動かない右手右足だけど、いずれは動くようになって社会復帰もできるだろう。

○どうして私はこの病院にいるのだろう…
そうだ!電車から降りる瞬間、身体がいうことを効かなくなり、その場に倒れそまま意識を失ってしまったんだ。

こうした記憶が蘇ると同時に、この6人部屋一般病棟の病人を見渡すことができるようになりました。

実は、私と同じように脳血管障害(脳内出血)を発症した病人が3人もいたのです。
(もちろん、それがわかったのはそれから数日経ってからです。)

私は「大変な病気を患って可哀想」と感じたことを、今でも覚えています。

そして「可哀想」と感じた病気が…実は自分自身もそうだったと知るのは、それから1週間程度経ってからわかったことでした。

またそのころの私は、就寝時間になると看護師が来て私の身体を紐でくくり付けていました。
(朝になれば、紐を解いてくれます。)

何故なら睡眠中、無意識に起きようとするからです。

もし紐でくくり付けていなければ、その瞬間にベッドから落ちて様態が悪化するからです。

ちなみにこの症状も、脳血管障害を発症した人は誰でも通る道です。

関連記事

no image

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(

記事を読む

no image

HP作成~そして現実を直視~

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。 「○○文字程度な

記事を読む

no image

私を立ち直らせてくれた恩人

私の人生は、ある意味、非常にラッキーだったと思います。 ラッキー…それは、人生における恩人(友

記事を読む

no image

脳血管障害が再発しないための薬について

脳血管障害を発症してしまうと、再発しないようにするためさまざまな薬剤を飲むことになります。 そして

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

脳梗塞が起こりやすい季節

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。 そして、脳梗塞の患者は約80万

記事を読む

no image

秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月になると、朝夕の気温もぐっと下

記事を読む

no image

ライティング業務

2003年の個人情報保護条例が近づくにつれて、徐々にデータ入力業務は減っていました。 (※当然、デ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

no image
冬場の脳血管障害~ヒートショック~

今年の冬は暖冬と予想されていますが、それでも確実に寒い冬はやってきます

no image
脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら

no image
新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑