*

脳血管障害で片麻痺を発症する理由

公開日: : 未分類

私は脳血管障害(=脳内出血)によって、右片麻痺を発症しました。
しかし何故、私は右片麻痺という障害を持つようになってしまったのでしょうか。
ここでは、右片麻痺の発症について考えてみたいと思います。
私はある日突然、脳内部で血栓(=血の塊)できてしまい倒れました。
その時の脳の症状は…「血栓によって血液の流れがストップ→血液が流れない脳細胞は壊死」状態になっています。
私の場合、左脳で運動部分を司る脳内細胞が壊死したため、右片麻痺を発症したことになります。
仮に血栓ができた場所が右脳であった場合、違った後遺症を発症していると思います(=左片麻痺とそれ以外の後遺症)。
ここで問題になるのは、どうして私の身体の中で血栓ができてしまったかということが重要なカギとなります。
もちろん血栓ができる理由は、いろいろ考えられます。
その最たるのが、喫煙でありアルコールです。
私の場合、喫煙はハードでした。
特に仕事や会議になると煙草の本数は、40本(2ケース)にもなっていました。
つまり~生活習慣の不摂生によって体内で血栓ができる環境が整い、できた血栓が脳内血管で詰まってしまったということです。
(※ちなみに血圧も少し高めでしたが、脳内出血を発症するとは夢に想像していませんでした。)
今現在、私は右片麻痺で~その症状は何も変わっていません。
そして、これからも変わることがないようにウォーキング(=リハビリ)を続けるだけです。
最後に、私が医師に告げられた言葉を明記してきます(=脳内出血を発症して2週間経ったときのことです)。
「可哀想だけど、2週間経って手足が動かなければ、これからも動くことはありません。」
この時、私は医師に対して物凄く気分が悪くなりました。
何故なら、「たった2週間で、人の人生をどん底に突き落とすようなことがよく言えるもんだな。」と…。
しかしその残酷とも思える言葉があったからこそ、今の私がいるとも思っています。
その医師には、本当に感謝しています。

関連記事

no image

ある日、突然…電車内で意識を失う

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。 大阪での結婚式でし

記事を読む

no image

初めての副業

アルバイト求人等々で仕事を見つけることに区切りを付けた私は、満を持してインターネットで「SOHO」検

記事を読む

no image

残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

副業で稼げる方法をお渡しします。 残り若干名様のみの提供とさせていただきます。

記事を読む

no image

人生観を変えたリハビリ病院

ここではリハビリ専門病院のことにつて、詳しく書こうと思います。 そのリハビリ専門病院の患者のほ

記事を読む

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

no image

片麻痺に負けない人生を送る

確かに脳血管障害で倒れて、気が付いた時は入院で寝たきり~自分自身の身体がどうなっているのかさえもわか

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

no image

今後の生き方を考えてみる…

私は脳血管障害(脳内出血)を発症し右片麻痺という障害を持って以来、一番充実した日々を過ごしています。

記事を読む

no image

資格をもとに近所のアルバイトを応募~どうしようもない挫折感~

毎日の日課である1時間の散歩の途中に見つけたアルバイト求人…。 新聞の折り込み欄や広告に掲載さ

記事を読む

no image

障害者雇用と企業側の本音と現実

私は会社で働きたいという意思を持っていたのにも拘わらず、すべての会社から断られました。 それでかな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管障害と緑茶&コーヒーについて

脳内出血を発症した私は、普段からブラックコーヒーを1日3~4杯飲むよう

no image
何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 では

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑