*

障害者雇用と企業側の本音と現実

公開日: : 未分類

私は会社で働きたいという意思を持っていたのにも拘わらず、すべての会社から断られました。
それでかなり落ち込んだのも事実ですが、心の片隅のどこかに「中年で障害があれば、雇用する方も勇気がいるだろうなぁ。」とも思っていました。
しかしwindows95の時からパソコンを操作していた経緯もあり、こうしてネット副業で少なからず収入を得ていることを考えれば、全部断られて良かったとも…。
以前、あるネットニュースで障害者を雇用する企業特集が組まれていました。
そこには、腑に落ちない記事が書かれていたのです。
「障害者自身はあまり意識していないと思いますが、(障害を理由に仕事を断る/仕事に対して成果を上げる意識が低い/仕事に対して甘えがある)といった。」ことが書かれていました。
私は「そんなことはない!障害を負ったとしても、そんなに甘い人間ではない。」と、自問自答していました。
ただずっと読み続けてみると、あることに気付いたのです。
障害者の中で、私は中途障害者であって、生まれた時から障害を持っている方もいるということです。
もしかすると「生まれた時から障害者だったとしたら、両親や社会福祉に守られ続けて生活しているから、どうしても少し甘い考えがあるのかなぁ。」と…。
そういう観点から捉えると、企業側の人事担当者がそういう風な感覚を持っても致し方ないとも…。
ただ~やはり中途であろうと障害を持った人間から言わせると、合点がいかないのも事実です。
雇用する企業というか、その企業に勤務している社員が、「法律で決められていることだから、ある一定の枠内で障害者を雇っているんだ。」という感情があると思うからです。
どちらにしても「障害者雇用と企業側の本音と現実」を考えた時、こうした問題は解決することはないと思います。
自分が障害者になって、もっとも感じる矛盾について触れさせてもらいました。
みなさんは障害者と起業雇用について、どのような考えを持っているのでしょう。

関連記事

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

ネット副業という仕事があって、本当に良かった!

自分自身で健康管理をないがしろにした結果、30歳代という若さで右片麻痺を発症してしまった私も、すでに

記事を読む

no image

情報商材に出会う

数少ない副業業務が終われば、あとの時間はインターネットで検索する日々…「何か身になる情報はないだろう

記事を読む

no image

資格をもとに近所のアルバイトを応募~どうしようもない挫折感~

毎日の日課である1時間の散歩の途中に見つけたアルバイト求人…。 新聞の折り込み欄や広告に掲載さ

記事を読む

no image

脳血管障害が再発しないための薬について

脳血管障害を発症してしまうと、再発しないようにするためさまざまな薬剤を飲むことになります。 そして

記事を読む

no image

若年性脳梗塞の原因と兆候

脳梗塞の発症を考えた時、ほとんどが高齢者に発症しているというイメージがありました。 しかし近年、中

記事を読む

no image

脳血管障害の最新治療法~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法~

脳血管障害治療は、凄い加速で発展していると思います。 そして私自身が脳血管障害で倒れた時、最新治療

記事を読む

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

脳血管障害で片麻痺を発症する理由

私は脳血管障害(=脳内出血)によって、右片麻痺を発症しました。 しかし何故、私は右片麻痺という障害

記事を読む

no image

HP作成~そして現実を直視~

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。 「○○文字程度な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管障害と緑茶&コーヒーについて

脳内出血を発症した私は、普段からブラックコーヒーを1日3~4杯飲むよう

no image
何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 では

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑