*

障害者雇用と企業側の本音と現実

公開日: : 未分類

私は会社で働きたいという意思を持っていたのにも拘わらず、すべての会社から断られました。
それでかなり落ち込んだのも事実ですが、心の片隅のどこかに「中年で障害があれば、雇用する方も勇気がいるだろうなぁ。」とも思っていました。
しかしwindows95の時からパソコンを操作していた経緯もあり、こうしてネット副業で少なからず収入を得ていることを考えれば、全部断られて良かったとも…。
以前、あるネットニュースで障害者を雇用する企業特集が組まれていました。
そこには、腑に落ちない記事が書かれていたのです。
「障害者自身はあまり意識していないと思いますが、(障害を理由に仕事を断る/仕事に対して成果を上げる意識が低い/仕事に対して甘えがある)といった。」ことが書かれていました。
私は「そんなことはない!障害を負ったとしても、そんなに甘い人間ではない。」と、自問自答していました。
ただずっと読み続けてみると、あることに気付いたのです。
障害者の中で、私は中途障害者であって、生まれた時から障害を持っている方もいるということです。
もしかすると「生まれた時から障害者だったとしたら、両親や社会福祉に守られ続けて生活しているから、どうしても少し甘い考えがあるのかなぁ。」と…。
そういう観点から捉えると、企業側の人事担当者がそういう風な感覚を持っても致し方ないとも…。
ただ~やはり中途であろうと障害を持った人間から言わせると、合点がいかないのも事実です。
雇用する企業というか、その企業に勤務している社員が、「法律で決められていることだから、ある一定の枠内で障害者を雇っているんだ。」という感情があると思うからです。
どちらにしても「障害者雇用と企業側の本音と現実」を考えた時、こうした問題は解決することはないと思います。
自分が障害者になって、もっとも感じる矛盾について触れさせてもらいました。
みなさんは障害者と起業雇用について、どのような考えを持っているのでしょう。

関連記事

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

脳血管障害の主な治療法~血管内治療~

ここからは参考までに、脳血管障害(脳梗塞/脳内出血)の治療方法について具体的に触れておこうと思います

記事を読む

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

no image

脳血管障害発症後に起こる異常行動について

脳血管障害を発症した場合、さまざまな苦境が待ち受けていることを、もっと多くの人が知るべきだと思います

記事を読む

no image

脳血管障害の最新治療法~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法~

脳血管障害治療は、凄い加速で発展していると思います。 そして私自身が脳血管障害で倒れた時、最新治療

記事を読む

no image

脳血管障害~後遺症の回復は長期戦~

脳血管障害による片麻痺後遺症を発症。 治療が終わり次第、すぐにリハビリに取り掛かるわけですが、その

記事を読む

no image

脳卒中後に起こりやすいうつ病について

脳卒中を発症すると、片麻痺などの後遺症を引き起こすことは良く知られていることだと思います。 しかし

記事を読む

no image

脳血管障害の私はまだラッキーな人生かもしれない

私の障害者人生を考えてみた時、まだラッキーだったと思います。 まず第一に私が地下鉄で倒れた時、ちょ

記事を読む

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

ネットで副業(SOHO)を知る

アルバイト求人でさえすべて断られた現実を直視しながらも、それでも私は数少ない求人に応募し続けていまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

no image
冬場の脳血管障害~ヒートショック~

今年の冬は暖冬と予想されていますが、それでも確実に寒い冬はやってきます

no image
脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら

no image
新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に

no image
秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    7人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑