*

脳梗塞の最先端治療~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法

公開日: : 未分類

脳血管障害は、「脳血管に血栓が詰まる脳梗塞/脳血管が破裂する脳卒中/脳血管にできたコブが破れるくも膜下出血」に分類することができます。
この中で発症数がもっとも多いのが脳梗塞です。
そして昔は脳梗塞が発症しても、脳梗塞の進行を抑制するための治療法しかありませんでした。
・抗血小板療法=血栓を作り出す血小板の機能を抑制/血液を流れやすくする。
・脳保護療法 =脳神経細胞の障害がこれ以上広がらないようにする療法。
しかし2005年、ついに脳梗塞によって発症した障害を回復する療法が日本でも認可されるたのです。
その療法を「rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法」といいます。
rt-PA静注療法を一言で例えるなら、「脳血管に詰まった血栓を溶かしてしまう」のです。
血栓によって詰まった脳血管(血液)が通ることによって、脳梗塞によって脳細胞が死滅するのを防ぐだけでなく、脳細胞自体を回復させる効果があるのです。
しかしrt-PA静注療法をする場合、絶対的な条件があります。
それは脳梗塞発症後、3.5時間以内にrt-PA静注療法を使用しなければ効果がないということです。
逆に言えば、3.5時間以内にrt-PA静注療法を使用することができれば、言語障害や片麻痺といった障害にならなくて済むのです
(その他にも、「脳梗塞重症度や既往歴/血液検査」といった諸条件をクリアしなければいけませんが…。)
そして、rt-PA静注療法には副作用があることも付け加えておかなければなりません。
rt-PA静注療法の副作用~それは(脳内)出血です。
実はrt-PA静注療法を使用した場合、脳内出血の割合が3~10倍にもなるのです。
もちろん脳内出血を防ぐため、さまざまな治療も行われます。
脳梗塞に対して画期的なrt-PA静注療法ではありますが、脳梗塞の患者さん全員に使用できるわけではありません。
しかしrt-PA静注療法を使用すれば、麻痺といった後遺症もなく、普通の人と変わらない姿で退院することができるのです。

関連記事

no image

脳血管障害の最新治療法~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法~

脳血管障害治療は、凄い加速で発展していると思います。 そして私自身が脳血管障害で倒れた時、最新治療

記事を読む

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

障害者手帳の等級の違いについて

身体障害者手帳は「障害認定基準」によって定められています(=身体障害者障害等級表)。 私は身体障害

記事を読む

no image

脳血管障害の主な治療法~血管内治療~

ここからは参考までに、脳血管障害(脳梗塞/脳内出血)の治療方法について具体的に触れておこうと思います

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

no image

脳内出血を発症する前の生活を振り返る…

  私はある商社で働いていました。 もちろん自分のやりがいのある仕事でしたが、

記事を読む

no image

HP作成~そして現実を直視~

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。 「○○文字程度な

記事を読む

no image

秋も気を付けなければいけない脳血管障害

猛暑の夏が、ようやく終息を見せ始めてきました。 そして9~10月になると、朝夕の気温もぐっと下

記事を読む

no image

脳血管障害で片麻痺を発症する理由

私は脳血管障害(=脳内出血)によって、右片麻痺を発症しました。 しかし何故、私は右片麻痺という障害

記事を読む

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
無症候性脳梗塞

近年、芸能人が人間ドックに行ってもらい、身体の異常の有無を検査する番組

no image
脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そして

no image
母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専

no image
血管性認知症とは

脳梗塞や脳内出血によって発症する認知症を「血管性認知症」といいます。

no image
母が脳梗塞を発症しました

2020年1月31日、母が変なことを言い出しました。 朝7:30

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑