*

脳血管障害の国からの手当の体験談

公開日: : 未分類

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるています。
ここでは障害者年金の内訳を明記したいと思います。
○第1級の場合、年額99万6300円 / 第2級の場合、79万7000円
○18歳未満の扶養の子どもがいる場合、1人/2人は22万9300円、3人目以降は各7万6400円)~当然、18歳以上になると手当は無くなります。
私の場合、第2級障害と子ども(扶養家族)は2人いました。
そしてこの障害者年金額は、次のように決められています。
「その年の物価指数によって金額が増えたり減ったりする」と…(実質、減りっぱなしの手当です。)
ちなみに第1級障害者と、第2級障害者の違いを…
基本的に第1級は寝たきり状態の人が対象になり、第2級は片麻痺などの障害を発症した人が対象となります。
では、ここで障害者年金が支給される条件に付いて明記したいと思います。
○年金の加入期間の2/3以上の間、保険料を納めていること。
○年金の支払い義務は20歳からとなっています。
仮に20歳を迎えてから年金を納めていなければ、21歳で事故や病気で障害者となったとしても国から障害者年金を貰うことはできません。
余談になりますが以前、関西学院大学アメリカンフットボール部の生徒が(21歳)、プレー中の事故で半身不随になりました。
生徒(両親)は「学生納付特例制度」を忘れていたため、障害者年金を貰うことができなかったという事例があります。
私は学生時代/社会人になってから、きちんと納税していたので身体に障害を持っても国から手当を受けることができるのです。
愚痴を言わせてもらえば、これぐらいの障害者年金で生活することは到底できません。
しかし日本に保険というシステムがあったから、こうして皆さんの税金を受取ることができているのです。
障害者年金を受け取り始めて、16年が過ぎようとしてます。
改めて私は、「日本に生まれてきて良かった。」と思っています。

関連記事

no image

私を立ち直らせてくれた恩人

私の人生は、ある意味、非常にラッキーだったと思います。 ラッキー…それは、人生における恩人(友

記事を読む

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

若年性脳梗塞の原因と兆候

脳梗塞の発症を考えた時、ほとんどが高齢者に発症しているというイメージがありました。 しかし近年、中

記事を読む

no image

家族が脳血管障害を発症したら…

もし家族が脳血管障害を発症したら…正直、ゾッとします。 何故なら、自分と同じような人生を送ることに

記事を読む

no image

情報商材に出会う

数少ない副業業務が終われば、あとの時間はインターネットで検索する日々…「何か身になる情報はないだろう

記事を読む

no image

脳血管障害と癲癇(てんかん)について

みなさんは、癲癇という病気をご存知でしょうか。 簡単にいえば癲癇とはある日突然、全身けいれん発作を

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

no image

障害者の仕事と収入を考えてみる

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常

記事を読む

no image

脳血管障害の最新治療法~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法~

脳血管障害治療は、凄い加速で発展していると思います。 そして私自身が脳血管障害で倒れた時、最新治療

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑