*

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

公開日: : 未分類

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。
○失語症とは…
脳の言語中枢を司る細胞が壊死することによって、言葉による表現や理解ができなくなるだけでなく、「話す/聞く/書く/読む/計算」などの言語機能全てができなくなる障害をいいます。
当然のことながら私も感覚的部分しかわからないのですが、失語症を発症してしまうと「見知らぬ外国に置き去りにされた。」ようなものだと思うのです。
想像してみてください。
言葉がまったくわからない場所に、一人ぼっちにされてしまう…。
声は聞こえていてもその言葉の意味が分からず、聞きたいことがあっても尋ねようとしても声がでない…。
そして失語症を発症した本人もそうですが、家族も大変だと思います(=辛い)。
私の場合、溜まりに溜まったストレスを発散する意味で、家族に八つ当たりしている時期がありました。
そうしたストレスが発散できるのも、言葉が話せるからなのです(=もちろん聞くこともできます)。
しかし失語症の場合、ストレスを発散しようにも「どうしたら発散することができるのか。」わかりません。
言葉にして話す意思があったとしても、何を話していいのかわからない…とにかくジレンマ状態が続くだけです。
家族にしてみても、言葉に出していってもらった方がどんなに気が楽になるかわかりません。
ボバーズ記念病院にリハビリ入院している時、失語症を発症した家族の方がお見舞いに来ていました。
医師は、次のように言っていました。
「患者さんの性格や会話の特徴を一番よく知っているのは、ご家族の皆さんです。だから話すことができないからといって、諦めないでください。」
「これからは根気よく話しかけ、コミュニケーションを図ることが重要です。」
医師の言うことは、もっともなことだと思います。
しかしそうしたコミュニケーションを図ることが、いかにきついかということを知ることになるのは家族です。
本当に私は、失語症を発症しなくて良かったと心から思っています。
(※仮に失語症を発症していたら、こうしてネット副業やブログをすることはできません。)

関連記事

no image

脳血管障害で障害者手帳をもらう方法

脳血管障害(=脳梗塞や脳内出血)によって身体的後遺症を発症した場合、公的支援を受けることができます(

記事を読む

no image

ある日、突然…電車内で意識を失う

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。 大阪での結婚式でし

記事を読む

no image

脳梗塞の滑舌のトレーニング(ボバーズ記念病院)

脳梗塞(脳内出血)になってしまうと、言語機能障害を発症する可能性があります。 例えば右片麻痺になっ

記事を読む

no image

脳血管障害と癲癇(てんかん)について

みなさんは、癲癇という病気をご存知でしょうか。 簡単にいえば癲癇とはある日突然、全身けいれん発作を

記事を読む

no image

そして、自分の意識が鮮明に蘇る

1週間に及ぶICU(集中治療室)による治療によって、「ようやく脳の肥大がおさまった」ことで、私は一般

記事を読む

no image

片麻痺~家でのリハビリを考える~

リハビリ施設(病院)には自分以外にも障害者がいるため、ある意味、周りの空気に流されリハビリをすること

記事を読む

no image

脳内出血を発症する前の生活を振り返る…

  私はある商社で働いていました。 もちろん自分のやりがいのある仕事でしたが、

記事を読む

no image

脳血管障害で片麻痺を発症する理由

私は脳血管障害(=脳内出血)によって、右片麻痺を発症しました。 しかし何故、私は右片麻痺という障害

記事を読む

no image

家族が脳血管障害を発症したら…

もし家族が脳血管障害を発症したら…正直、ゾッとします。 何故なら、自分と同じような人生を送ることに

記事を読む

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

no image
冬場の脳血管障害~ヒートショック~

今年の冬は暖冬と予想されていますが、それでも確実に寒い冬はやってきます

no image
脳血管障害者を支える家族の心構え

脳血管障害を発症した患者の介護は、想像以上に大変です。 何故なら

no image
新しい総合病院での出来事

私の母親は今年84歳になり、今まで1人で住んでいました(父親は4年前に

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑