*

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

公開日: : 未分類

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。
○失語症とは…
脳の言語中枢を司る細胞が壊死することによって、言葉による表現や理解ができなくなるだけでなく、「話す/聞く/書く/読む/計算」などの言語機能全てができなくなる障害をいいます。
当然のことながら私も感覚的部分しかわからないのですが、失語症を発症してしまうと「見知らぬ外国に置き去りにされた。」ようなものだと思うのです。
想像してみてください。
言葉がまったくわからない場所に、一人ぼっちにされてしまう…。
声は聞こえていてもその言葉の意味が分からず、聞きたいことがあっても尋ねようとしても声がでない…。
そして失語症を発症した本人もそうですが、家族も大変だと思います(=辛い)。
私の場合、溜まりに溜まったストレスを発散する意味で、家族に八つ当たりしている時期がありました。
そうしたストレスが発散できるのも、言葉が話せるからなのです(=もちろん聞くこともできます)。
しかし失語症の場合、ストレスを発散しようにも「どうしたら発散することができるのか。」わかりません。
言葉にして話す意思があったとしても、何を話していいのかわからない…とにかくジレンマ状態が続くだけです。
家族にしてみても、言葉に出していってもらった方がどんなに気が楽になるかわかりません。
ボバーズ記念病院にリハビリ入院している時、失語症を発症した家族の方がお見舞いに来ていました。
医師は、次のように言っていました。
「患者さんの性格や会話の特徴を一番よく知っているのは、ご家族の皆さんです。だから話すことができないからといって、諦めないでください。」
「これからは根気よく話しかけ、コミュニケーションを図ることが重要です。」
医師の言うことは、もっともなことだと思います。
しかしそうしたコミュニケーションを図ることが、いかにきついかということを知ることになるのは家族です。
本当に私は、失語症を発症しなくて良かったと心から思っています。
(※仮に失語症を発症していたら、こうしてネット副業やブログをすることはできません。)

関連記事

no image

脳梗塞の滑舌のトレーニング(ボバーズ記念病院)

脳梗塞(脳内出血)になってしまうと、言語機能障害を発症する可能性があります。 例えば右片麻痺になっ

記事を読む

no image

データ入力

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。 「このたびは本当にあり

記事を読む

no image

ネットビジネスで収入を得た

意を決して、私は先生様のサイトへ応募しました。 (※ちなみに私は東京在住でなかったため、出張という

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出血などによって身体に障害を発症

記事を読む

no image

ネット副業という仕事があって、本当に良かった!

自分自身で健康管理をないがしろにした結果、30歳代という若さで右片麻痺を発症してしまった私も、すでに

記事を読む

no image

障害者の仕事と収入を考えてみる

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 では

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑