*

自暴自棄からの脱却

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか?

実は、たった3ヶ月しか入院することはできないのです。

何故なら…それ以上患者に入院されてしまうと、病院自体が赤字を負うことになるからです。

もちろん、私の場合も例外ではありません。

私も約3ヶ月入院した後、自宅マンションに戻りました。

当然のことながら自暴自棄状態は続いていたのですが、身体を動かさなければ寝たきりになると思い、1日約1時間、外を歩くことを日課にしました。
(※この日課は、今でも続いています。)

当時の私は39歳とまだ若く被害妄想が総じて、歩いてすれ違う人みんなから、こう言われている錯覚に陥っていました。
「まだお子さんも小さいのに…若いのに大変ねぇ。」「生活費も大変なんじゃないかしら。」

とにかく人の目が気になってしまい、どうしようもない精神状態だったのです。

その一方でリハビリ担当医から言われた「もう動きません。」という言葉に対して、「だったら少しでも動かしてやろうじゃないか!」といった反骨心も芽生えていました。

そこで私は当時からインターネットを利用していたので、「リハビリ病院」を検索して「良い病院だったら入院してみたい。」と考えるようになっていました。
(※脳内出血で倒れる前にパソコンを購入していなければ、その後の人生も大きく変わっていたと思います。)

そして、ある有名なリハビリ専門病院に巡り合うことができたのです。

すぐに家族に話し、「あと3ヶ月、リハビリ病院に入院させてほしい。」と言いました。

自宅で生活するようになって約1ヶ月、やっとリハビリ病院へ入院することができたのです。

そのリハビリ病院での3ヶ月間の入院生活こそが、自暴自棄の脱却になったのです。

関連記事

no image

今後の生き方を考えてみる…

私は脳血管障害(脳内出血)を発症し右片麻痺という障害を持って以来、一番充実した日々を過ごしています。

記事を読む

no image

脳血管障害が再発しないための薬について

脳血管障害を発症してしまうと、再発しないようにするためさまざまな薬剤を飲むことになります。 そして

記事を読む

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

no image

ネット副業という仕事があって、本当に良かった!

自分自身で健康管理をないがしろにした結果、30歳代という若さで右片麻痺を発症してしまった私も、すでに

記事を読む

no image

私が経験した脳内出血の治療方法について

倒れた瞬間から意識が無くなった私ですが、ICU(集中治療室)を出て一般病棟に移った頃からの治療方法に

記事を読む

no image

若年性脳梗塞の原因と兆候

脳梗塞の発症を考えた時、ほとんどが高齢者に発症しているというイメージがありました。 しかし近年、中

記事を読む

no image

片麻痺に負けない人生を送る

確かに脳血管障害で倒れて、気が付いた時は入院で寝たきり~自分自身の身体がどうなっているのかさえもわか

記事を読む

no image

障害者手帳の等級の違いについて

身体障害者手帳は「障害認定基準」によって定められています(=身体障害者障害等級表)。 私は身体障害

記事を読む

no image

脳血管障害の主な治療法~血管内治療~

ここからは参考までに、脳血管障害(脳梗塞/脳内出血)の治療方法について具体的に触れておこうと思います

記事を読む

no image

データ入力

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。 「このたびは本当にあり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑