*

脳血管障害に欠かすことができない画像診断~CTスキャン~

公開日: : 未分類

脳血管障害の有無をチェックする場合、必ず行われるのは画像診断(CTスキャン)です。
CTスキャンはさかのぼること約30年前、イギリスの学者によって発明された画期的な診断です。
CTスキャンを経験したことがある方ならわかると思いますが、丸い筒の中に固定した頭を入れて行われます。
ダダダダダダダダダ~ガガガガガガガガガ~といった音が響き渡り、初めはびっくりすると思います。
(密閉された恐怖感のような…)
その時間は約30分~その間、頭の周りを一周するようにエックス線が照射されます。
そしてエックス線が照射された頭は、コンピュータ解析(計算)によってある形状で頭の内部を見ることができるのです。
その形状は「頭の輪切り」です。
輪切りにされた頭は、次のように見えます~骨は白く、水は黒く~そして、脳細胞は灰色っぽく見えます。
(ちなみに、CTスキャンを通すと脳のしわや大きさも鮮明に見ることができます。)
ではCTスキャンをすることによって、脳血管障害を発症した個所はどのように見えるのでしょうか。
ここでは、私の実例を挙げておきます。
脳血管障害を発症した(脳の)部分は、灰色の中にポッカリ空洞ができたように真っ白に見えるのです。
本当に一目瞭然~脳のどの部分で血管が破れたのか、明確にわかります。
そして最近撮ったCTスキャンと比べてみると、あることがわかります(脳内出血を発症して13年後)。
脳内出血を起こした部分が灰色っぽくなっているのです(あたかも脳細胞が活性化しているように見えます)。
脳細胞は死滅したのは間違いありませんが、少しずつシナプス細胞が増え続けていることがわかるのです。
その時、不思議な感じを覚えました…「CTスキャンで見るとほとんど破損部分がわかりにくくなっているのに、どうして片麻痺後遺症は治らないのか。」と…。
今ではCTスキャンの代わりにMRI画像が登場したため古い画像診断のように思われますが、CTスキャンを受ければ脳腫瘍といった病気も発見できるのです。

関連記事

no image

障害者手帳の等級の違いについて

身体障害者手帳は「障害認定基準」によって定められています(=身体障害者障害等級表)。 私は身体障害

記事を読む

脳血管障害~自覚症状~

脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血…時と場合によって、命を落とす危険性もあるこられの症状を「脳血管障害」

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

ネットで副業(SOHO)を知る

アルバイト求人でさえすべて断られた現実を直視しながらも、それでも私は数少ない求人に応募し続けていまし

記事を読む

no image

仕事に復帰できると信じていた…

私は自分自身の中で意識が明確になればなるほど、ある不安がよぎり始めていました。 それは、一向に

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

no image

障害者の仕事と収入を考えてみる

私のように人生の途中で障害者になってしまうと、否応なしにいろいろな部分が見えてきます(=障害者と健常

記事を読む

no image

ある日、突然…電車内で意識を失う

忘れもしません…2000年3月23日…私は友達の結婚式に呼ばれていました。 大阪での結婚式でし

記事を読む

no image

私が経験した脳内出血の治療方法について

倒れた瞬間から意識が無くなった私ですが、ICU(集中治療室)を出て一般病棟に移った頃からの治療方法に

記事を読む

no image

脳血管障害を発症した芸能人

脳血管障害は、誰にでも発症し得る病気です。 もちろん、それは芸能人も例外ではありません。 この項

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑