*

ライティング業務

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 未分類

2003年の個人情報保護条例が近づくにつれて、徐々にデータ入力業務は減っていました。
(※当然、データ単価も1データ3円~5円と安価へシフトダウン)

そして個人情報保護条例が発令されたころには、個人情報に関するデータ入力は皆無に…(それ以外のデータ入力はありましたが、本当に数はしれていました。)

私は奈落の底に突き落とされました。
「この先、私は何を目指して副業で収入を得たらいいのだろう?」と…
(※このころから「SOHO」に変わって、「副業」という言葉が台頭してきました。)

そこで私は副業サイトを3つに絞って、傾向と対策を練ることにしました。

○副業3サイト…(現在でもチェックしています。)

・@SOHO/http://www.atsoho.com/
・SOHOビレッジ/http://www.sohovillage.com/
・ジョブチャンネル@SOHO/http://www.job-ch.net/

この副業3サイトをチェックしてわかったこと…それは、「ライティング業務」が異常に増加していることでした。

ライティング業務とは、健康・サプリメント・趣味・金融といった様々な題材に対して、300~1000文字の記事を書くことをいいます。

ちなみにこのライティング業務は、ホームページやSEO対策として使用されるのです。
(※ライティングSEO対策とは…ある項目で検索をかけたとき、当然のことですが上位表示されたほうが一般ユーザーに閲覧される可能性が増えます。
そのためライティングに複数のキーワードを使用することによって、そのサイトが上位検索されるようにする業務をいいます。)

私はライティング業務を習得するために、様々な求人に応募しました。

もちろん私もライティング業務自体が初めてだったので、単価の高い/低いは問いませんでした。

そして様々なライティング業務を実践することで、自分なりのポテンシャルを築くことができたと自負しています。
(※ライティング業務は自分の知らない分野に対して、インターネットを通じて知識を増やして記事にするわけですが…どちらかといえば、私の好きな業務でもありました。)

こうして多少時間はかかりましたが、「データ入力→ライティング業務」へシフト転換することができました。

しかし数多くのライティング業務をしていても、どうしよもない現実に直面していたのも事実です。

その現実とは…思うように収入が得られないことでした。

関連記事

no image

障害者に交付される障害者手帳について

20歳になってきちんと税金を納めていて、病気や事故などによって身体に後遺症を発症した場合、障害者手帳

記事を読む

no image

脳血管障害の国からの手当の体験談

私は脳血管障害(脳内出血)を発症したことによって、「身体障害者手帳2級&障害者年金」を国から受けるて

記事を読む

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

no image

データ入力

千葉県の企業様からの業務が完了すると、私は次のようにメールを送信しました。 「このたびは本当にあり

記事を読む

no image

自暴自棄からの脱却

みなさんは1ヶ所の病院で最大何ヶ月、入院することができるご存知でしょうか? 実は、たった3ヶ月

記事を読む

no image

左手での文字入力

約3ヶ月、リハビリ専門病院で様々なことを学んだ私は退院すると、すぐに3つのことを始めました。

記事を読む

no image

脳血管障害発症後に起こる異常行動について

脳血管障害を発症した場合、さまざまな苦境が待ち受けていることを、もっと多くの人が知るべきだと思います

記事を読む

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

ネットで副業(SOHO)を知る

アルバイト求人でさえすべて断られた現実を直視しながらも、それでも私は数少ない求人に応募し続けていまし

記事を読む

no image

失語症の恐怖は、障害者だけでなく家族にも襲い掛かる

私は脳血管障害の後遺症の中で、もっとも辛いと感じる障害は「失語症」ではないかと思っています。 ○失

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑