*

脳血管障害の後遺症について

公開日: : 未分類

脳梗塞や脳内出血といった脳血管障害を発症してしまうと、さまざまな後遺症に苦しめられることになります。
何故、さまざまな後遺症に苦しめられるという表現をしたかというと、脳細胞は私たちのすべての神経や機能を司っているからです。
つまり脳血管障害を発症した場所によって、後遺症の場所が変わってくるのです。
まずもっとも強い後遺症~それは「死」を意味すると思います。
事実、毎年数多くの方が脱血管障害で命を落としています。
次によく知られている後遺症は、片麻痺ではないでしょうか。
例えば脳血管障害によって脳の運動機能部分が壊死してしまうと、片麻痺という後遺症を残すこととなります(=右脳→左片麻痺、左脳→右片麻痺)。
(※壊死…「血栓=血の塊」ができることによって、脳細胞に栄養素が行き渡らなくなり死んでしまう状態をいいます。)
そして脳の視覚中枢細胞が壊死した場合、失明や視力障害といった視野障害が引き起こされます。
(※ちなみに私の場合、左目も視えているのですが、異常に視力も悪く物が二重に視えています。そして、右目は大丈夫でした。)
また脳の知的中枢細胞が壊死した場合、痴ほう症といった症状が引き起こされる場合もあります。
その他にも…
「失読(字が読めなくなる)/失書(字が書けなくなる)」といった言語障害。
「妄想や気分・感情の異常/記憶障害」といった感覚障害(=精神症状)。
「会話の減少/笑わない/すぐに泣いてしまう」といった情緒障害。
(※私も脳血管障害を発症して1年間程度、情緒障害に悩まされました。)
このように脳血管障害は自分自身だけでなく家族も含め、ありふれた日常生活すべてに重大な(悪)影響を及ぼしてしまうのです。
そして、そうした後遺症を発症した私から言えることは…
「不規則な生活習慣を改善し、妙な予兆に気付けばすぐに病院へ行く。」~ただ、それだけです。
ありふれた日常生活を過ごしていることがどんなに素晴らしいことか~脳血管障害を発症した者でなければわかりません。

関連記事

no image

資格を目指す

今でこそテレビのCM等々で頻繁に流れている生涯学習のユーキャン…。 そのユーキャンに代表される

記事を読む

no image

ライティング業務

2003年の個人情報保護条例が近づくにつれて、徐々にデータ入力業務は減っていました。 (※当然、デ

記事を読む

no image

脳血管障害の主な治療法~血管内治療~

ここからは参考までに、脳血管障害(脳梗塞/脳内出血)の治療方法について具体的に触れておこうと思います

記事を読む

no image

脳血管障害と癲癇(てんかん)について

みなさんは、癲癇という病気をご存知でしょうか。 簡単にいえば癲癇とはある日突然、全身けいれん発作を

記事を読む

no image

在宅でしか仕事ができない人への助言

「これから先、私は何を生きがいとして頑張っていけばいいのか?」 私のように病気によって何かしら

記事を読む

no image

1週間のICU治療

みなさんはICU(集中治療室)をご存知でしょうか。 妻に聞いたところ、私は1週間、IC

記事を読む

no image

HP作成~そして現実を直視~

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。 「○○文字程度な

記事を読む

no image

私が経験した脳内出血の治療方法について

倒れた瞬間から意識が無くなった私ですが、ICU(集中治療室)を出て一般病棟に移った頃からの治療方法に

記事を読む

no image

脳血管障害発症後に起こる異常行動について

脳血管障害を発症した場合、さまざまな苦境が待ち受けていることを、もっと多くの人が知るべきだと思います

記事を読む

no image

片麻痺に負けない人生を送る

確かに脳血管障害で倒れて、気が付いた時は入院で寝たきり~自分自身の身体がどうなっているのかさえもわか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

脳の細胞(ニューロン)は180億個あると言われていて、まだ数分の1しか

no image
脳に関する不思議な雑学

身体の中でもっとも重要なパーツといえば「脳」だと思います。 その

no image
健康な人にも起こり得る脳腫瘍

先日、日曜日の朝の番組に「関ジャニ∞安田章大」がゲスト出演していました

no image
認知症予防のための脳トレ

厚生労働省によると、7人に1人の割合で認知症を発症している統計が出てい

no image
脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑