*

脳血管障害の後遺症について

公開日: : 未分類

脳梗塞や脳内出血といった脳血管障害を発症してしまうと、さまざまな後遺症に苦しめられることになります。
何故、さまざまな後遺症に苦しめられるという表現をしたかというと、脳細胞は私たちのすべての神経や機能を司っているからです。
つまり脳血管障害を発症した場所によって、後遺症の場所が変わってくるのです。
まずもっとも強い後遺症~それは「死」を意味すると思います。
事実、毎年数多くの方が脱血管障害で命を落としています。
次によく知られている後遺症は、片麻痺ではないでしょうか。
例えば脳血管障害によって脳の運動機能部分が壊死してしまうと、片麻痺という後遺症を残すこととなります(=右脳→左片麻痺、左脳→右片麻痺)。
(※壊死…「血栓=血の塊」ができることによって、脳細胞に栄養素が行き渡らなくなり死んでしまう状態をいいます。)
そして脳の視覚中枢細胞が壊死した場合、失明や視力障害といった視野障害が引き起こされます。
(※ちなみに私の場合、左目も視えているのですが、異常に視力も悪く物が二重に視えています。そして、右目は大丈夫でした。)
また脳の知的中枢細胞が壊死した場合、痴ほう症といった症状が引き起こされる場合もあります。
その他にも…
「失読(字が読めなくなる)/失書(字が書けなくなる)」といった言語障害。
「妄想や気分・感情の異常/記憶障害」といった感覚障害(=精神症状)。
「会話の減少/笑わない/すぐに泣いてしまう」といった情緒障害。
(※私も脳血管障害を発症して1年間程度、情緒障害に悩まされました。)
このように脳血管障害は自分自身だけでなく家族も含め、ありふれた日常生活すべてに重大な(悪)影響を及ぼしてしまうのです。
そして、そうした後遺症を発症した私から言えることは…
「不規則な生活習慣を改善し、妙な予兆に気付けばすぐに病院へ行く。」~ただ、それだけです。
ありふれた日常生活を過ごしていることがどんなに素晴らしいことか~脳血管障害を発症した者でなければわかりません。

関連記事

no image

脳梗塞が起こりやすい季節

年間を通じて、脳血管障害の患者は約137万人いるといわれています。 そして、脳梗塞の患者は約80万

記事を読む

no image

新しい情報商材の広告…(それを模倣されることについて)

脳血管障害(脳内出血)によって人生を自暴自棄になりかけていた私を救ってくれたのが「先生様」の情報商材

記事を読む

no image

脳卒中による麻痺に対して新たな取り組み~HANDS療法~

脳卒中を発症してひとたび後遺症(片麻痺)が起きてしまうと、その麻痺は一生治ることはありません(現段階

記事を読む

no image

HP作成~そして現実を直視~

ライティング業務を応募する際、必ずといっていいほどこういう文言が書かれています。 「○○文字程度な

記事を読む

no image

健常者には理解しにくい後遺症~高次脳機能障害~

脳血管障害の後遺症の1つに「高次脳機能障害」があります。 いったい高次脳機能障害とは、どのような障

記事を読む

no image

二度となりたくない隠れ脳梗塞

みなさんは「隠れ脳梗塞」という症状をご存知でしょうか。 例えば血栓(=血の塊)が脳内血管で詰まると

記事を読む

no image

ネット副業のご相談承ります。

・ライティング業務 ・こちらのビジネス ・情報商材の販売 ・その他のビジネス 全て含めて

記事を読む

no image

脳梗塞の最先端治療~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法

脳血管障害は、「脳血管に血栓が詰まる脳梗塞/脳血管が破裂する脳卒中/脳血管にできたコブが破れるくも膜

記事を読む

no image

障害者雇用と企業側の本音と現実

私は会社で働きたいという意思を持っていたのにも拘わらず、すべての会社から断られました。 それでかな

記事を読む

no image

脳血管障害の最新治療法~rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法~

脳血管障害治療は、凄い加速で発展していると思います。 そして私自身が脳血管障害で倒れた時、最新治療

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
脳血管性認知症について

「脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血」など、脳の血管が詰まったり出血が生じ

no image
脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけ

no image
脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そ

no image
改めて理学療法士を考える

私も理学療法士の皆さんにはお世話になりました。 私のように脳内出

no image
長時間の昼寝は危険な兆候

少し前に、テレビ(NHK)で「間違えると怖い 睡眠の新事実」という番組

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑