*

アルツハイマー病の新薬「レカネマブ」について

公開日: : 脳内出血体験談

ついにというか、やっと認知症の原因となっている病気の1つであるアルツハイマー病の新薬が認可されたみたいです。

その新薬が「レカネマブ」!(ちょっと覚えにくい名前かも)

アルツハイマー病(認知症)を発症した人の脳には、アミロイドβという異常なたんぱく質が溜まることがわかっています。

このアミロイドβによって神経細胞が破壊され脳が委縮 → その結果、脳の働きが低下すると考えられています。

そうした状況の中、日本とアメリカの製薬会社が共同開発したのがレカネマブなんです。

※レカネマブ=アルツハイマー病の原因物質に直接働きかける治療薬。

そして2023年8月21日、厚生労働省はついにレカネマブの使用を認めることを了承したのです!!!

※ちなみに早ければ年内にも患者さんに使用されるといわれています。

ここで(改めて)アルツハイマー病について、簡単に触れてみたいと思います。

アルツハイマー病は認知症と診断された高齢者の約60%以上を占めています。

また厚生労働省によると、日本の認知症患者は2020年の時点で約600万人いると推計されていて、

さらに団塊の世代が全員75歳以上の後期高齢者になった場合(2025年)、約700万人にのぼると予測しています。

次にアルツハイマー病の新薬であるレカネマブについて、もう少し触れてみたいと思います。

日本の製薬会社エーザイとアメリカの製薬会社バイオジェンの共同開発されたのがレカネマブ!

このレカネマブの凄いところは、脳に溜まったアミロイドβという異常なたんぱく質を取り除くことができることです。

※アミロイドβを取り除けば、アルツハイマー病の進行を抑制することができると考えられています。

それとレカネマブを使用する対象者ですが、認知症を発症する前の「軽度認知障害」の患者さんや、アルツハイマー病の発症が早期段階の患者さんです。

※当たり前のことですが、認知症の誰もがレカネマブを使用することができるわけではありません。

このようにレカネマブは2023年(年内)にも上記の患者さんたちに使用される予定なんですが、発売するにあたり(日本では)まだ決まっていない肝心なことがあります。

それはレカネマブの価格設定です。

ちなみにアメリカでは1人当たり平均で年間2万6500ドル(日本円に換算すると約385万円)として設定されています。

仮に年間400万円かかる場合、誰もがレカネマブを使用することはできないという状況が生まれます(→高額医療)。

今後、日本が考えなければならない問題は、どれだけ使用料を軽減することができるかだと思います。

※高額医療状態が続けば、宝の持ち腐れになりかねません。

関連記事

no image

母の認知症~3ヵ月が経過~

1月31日、脳梗塞から認知症を発症して約3ヵ月経過しました。 専属のケアマネージャーも付き「要

記事を読む

no image

脳梗塞によって発症する言語障害について

ここからは、脳梗塞に関係する様々なことについて触れていこうと思います。 脳梗塞(脳血管障害)を

記事を読む

no image

母がグループホームに入所しました。

ケアマネージャーや家族や親族の助言によって、母をグループホームに入所させることになりました。

記事を読む

no image

仕事に戻って再出血の危険性とともに生活をすると

退院後、仕事に復帰しました。働かなくてはなりませんが少し身体の調子が変わっていました。目がまぶしすぎ

記事を読む

no image

脳血管障害と労働時間の関係性について

一応、安倍晋三内閣総理大臣の肝いりで施工された「働き方改革法案」。 この働き方改革法案の意味す

記事を読む

no image

病院は病気を治療する所ですが検査ばかりしなくてよかったです

最初の市民病院の脳神経内科、脳神経外科の入院はナースさんがおおよその事を見てくれました。大部屋でほか

記事を読む

no image

年金の裁定は本当に有難いので年金を納付することは大切です

私の場合は病気で働けなくなって収入がなくなり、どうしようかと考えていた時に障害年金を知りました。これ

記事を読む

no image

高次脳機能障害について

みなさんは「高次脳機能」という言葉を知っていますか? 私たちの脳はとても高度な働きをしていて、

記事を読む

no image

脳梗塞後遺症と再生医療について

私は脳内出血を発症したことによって、右片麻痺を発症しました。 そして約20年間、右片麻痺の後遺

記事を読む

no image

脳内出血の患者は動かしてはいけないという嘘

私が脳内出血を発症した時代の定説の1つに、「絶対に患者を動かしてはいけない」という動作がありました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。第二作目

先生様、アフィリエイター様…そしてまったくパソコン初心者の私のために、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。

現在、私の月収は150万円を超えています。 そして、ふと自分の人生を

副業に対する自分自身の思いが収入に繋がります…

  私は副業(情報商材レター)を読むにつけ、い

no image
高齢者のインフルエンザについて

今年のインフルエンザは1~2ヵ月早く大流行しているみたいですね。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑