*

高次脳機能障害について

公開日: : 最終更新日:2023/10/26 脳内出血体験談

みなさんは「高次脳機能」という言葉を知っていますか?

私たちの脳はとても高度な働きをしていて、記憶や思考・判断をしたりそれに対して注意を払うことができます。

これを高次脳機能と言うのですが…何かしらの障害によって、私たちはこうした優れた機能を失ってしまうことがあります。

これを「高次脳機能障害」といいます。

何故、私たちは高次脳機能障害になってしまうのでしょうか(原因)?

実は高次脳機能障害でその多くの原因になっているは脳血管障害です。

「脳の血管が破裂する脳内出血・脳の血管が詰まる脳梗塞・脳の血管にできたコブが破裂する脳動脈瘤(くも膜下出血)」

そして次に多い原因が外傷性脳損傷です。

「交通事故やスポーツ事故・転倒・転落」…これらの事故でも高次脳機能障害が併発することがあります。

※ちなみに高次脳機能障害と診断され治療を受けることができるのは、症状がこれ以上進行しない病気の場合のみに限定されます。

そんな高次脳機能障害ですが(仮に)症状が現れても、外見上はあまり目立ちません。

※障害があることを本人や周囲の人が気付くまで時間が掛かります。

次に高次脳機能障害の症状について明記します。

当たり前のことですが脳の働きは、脳の部位によって異なります。

〇前頭葉→「注意・思考・感情」のコントロールを司り、「整理・処理・実行」する機能を担っています。

〇頭頂葉→触覚を司っています

〇側頭葉→聴覚を司っています。

〇後頭葉→視覚を司っています。

これからわかるように脳が損傷を受けた部位によって、高次脳機能障害の症状が変わるのです。

例えば前頭葉に損傷を受けた場合…

「注意障害・遂行機能障害・社会的行動障害」に支障をきたします。

※注意障害→ボーッとしていることが増えます(火を消し忘れる)/遂行機能障害→効率よく仕事Pができなくなります(物事に優先順位が付けられなくなる)/社会的行動障害→怒りっぽくなる、やる気が無くなる、キレやすくなる。

こうした症状が起こる高次脳機能障害ですが、治療法はどうなっているのでしょうか?

基本的な治療は、症状に合わせたリハビリテーションが中心になります。

例えば日常生活に必要不可欠な「トイレ・入浴・食事」だけでなく、

より複雑な脳の働きが必要な「料理・洗濯・買い物」といった訓練をする場合もあります。

※リハビリテーションで症状が良くならない場合、薬物を使って症状の改善を目指すこともあります。

それと高次脳機能障害になったとしても、仕事を続けることはできます。

しかし仕事を続けるには…職場の同僚や家族の理解が絶対に必要になります(1つ1つの症状に対して対応する)。

ということで今回は、高次脳機能障害について触れてみました。

余談になりますが…私は脳内出血で右片麻痺になってしまいましたが、高次脳機能障害の症状はありませんでした。

そういう面では、非常にラッキーだったと思わなければ…いけないのでしょうね!?!

関連記事

no image

薬を合わせるのにはやはり入院したほうが良い場合があります

脳内出血をしたからと言って脳神経内科、脳神経外科で薬は出ませんでした。これは患者本人は何処も悪くなか

記事を読む

no image

何故怖い!脳血管障害

脳血管障害を発症した私は、その怖さを十二分理解しています。 ではみなさんは、本当に脳血管障害の

記事を読む

no image

脳の病気~髄膜炎菌感染症~

「頭が痛い」…誰でも一度は経験したことがあると思います。 そしてすぐに治る頭痛は良いのですが、

記事を読む

no image

脳内出血を発症して23年の月日が経とうとしています…

私は37歳の時に脳内出血を発症し、気付いたら23年も経っていました(今年60歳の還暦を迎えました)。

記事を読む

no image

脳梗塞のチェック方法と検査について

ある程度の年齢になった方は、脳ドッグを受けた方が良いと思います。 しかし時間や経済的に余裕がな

記事を読む

no image

高齢者のインフルエンザについて

今年のインフルエンザは1~2ヵ月早く大流行しているみたいですね。 実は施設に入所している母のと

記事を読む

no image

母が2回目の肺炎になってしまった。

実は現在、母親が肺炎で入院しています。 1度目は去年の暮れ…施設の担当者から「微熱が続く・身体

記事を読む

no image

若々しい脳を保つためにやるべきこと!

当然のことですが年齢を重ねていけば、脳も衰えてきます。 しかし脳をイキイキとさせる方法があるの

記事を読む

no image

冬場の脳血管障害~ヒートショック~

今年の冬は暖冬と予想されていますが、それでも確実に寒い冬はやってきます。 そして冬場になると、

記事を読む

no image

脳の病気は手術後落ち着いてきましたが

脳を検査する場合、MRIが用いられることがあります。これはカテーテル検査、即ちアンギオほど大がかりで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


no image
友だちがくも膜下出血を発症!!!

2024年1月、友人たちと新年会をしていた時、その中の1人が「あかん、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。第二作目

先生様、アフィリエイター様…そしてまったくパソコン初心者の私のために、

no image
副業で稼げる方法をお渡しします。

現在、私の月収は150万円を超えています。 そして、ふと自分の人生を

副業に対する自分自身の思いが収入に繋がります…

  私は副業(情報商材レター)を読むにつけ、い

no image
高齢者のインフルエンザについて

今年のインフルエンザは1~2ヵ月早く大流行しているみたいですね。

→もっと見る

  • ボバース記念病院での貴重な体験は、私の中で色あせることはありません。 ちなみに私は3ヶ月に1度、今でもボバーズ記念病院に通院しています。 ボバース記念病院に通院した体験談

  • 私は人生に行き詰った時霊場を訪れ、神様の力を得ようと勤めています。 (病気のため、ペースはゆっくりです。) 写真は、霊場高尾山から見た富士山です。

  • 私の尊敬するトムハンクスの手形です。 海外旅行ができるのもひとえにネットビジネスのおかげです。 ネットビジネスは平等に可能性をもたらしてくれます。 私の人生は、非常に幸運なものでした。 (2012年5月撮影 ハリウッドのグローマンズ・チャイニーズ・シアターにて)

  • このコミュニティセンターでは、情報交換はもとより様々な内容を書き込んでいこうと思っています。 当然のことですが、私の情報商材を購入してくれた方/これから購入して頂ける方も入会して頂きたく思います。 また私ごとですが、これを機会に「この情報商材は良いぞ!」と思った場合、随時購入しようと考えています。 SNSで情報商材の内容を漏らすことはできませんが、契約違反にならない程度に情報交換をしようとも思っています。
PAGE TOP ↑